スポーツ

松本薫選手の名前も!WADAデータ新たに41選手流出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本薫

WADAのデータが新たに流出したというニュースが入ってきました。

スポンサーリンク

流出したデータの中には松本薫選手の名前もあったとか。

今回はWADAのデータ流出について検証しました。

WADAとは

874983b8ccd4d8af1ce4543a5c0f0abc_s

まずWADAとは世界反ドーピング機関の事です。

リオオリンピックでもロシアのドーピング問題の際、名前を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

データ流出

13日にもロシアのハッカー集団がデータを取ったとのニュースがありました。

今回は新たに13カ国、41選手のデータが流出したのが発覚したとの事です。

原因は

13日の流出同様、ロシアのハッカー集団によるもののようです。

主に医学的データなどを盗み取ったようですね。

松本薫の名前も

驚くべきことは、今回流出したデータの中に、松本薫の名前があった事です。

松本薫選手といえば、リオデジャネイロオリンピックの柔道女子57キロ級で銅メダルを勝ち取った選手ですね。

まだ記憶にも新しい出来事です。

犯人の目的

データ流出との事ですが、犯人の目的はなんなのでしょうか。

ロシアのドーピング問題で、オリンピック委員会やドーピング機関を批判しての行動なのでしょうか?

しかし、今回流出したデータは規定内の薬物使用を認められた選手のもので、ドーピング違反などの指摘はないとの事です。

目的が不明なのも怖いですね。

対策を

今回WADAのデータの流出は初めてではないので、なにかしらの対策を取って欲しいですね。

まだ悪用されたとの報道はないですが、個人情報を取られている事は間違いありません。

スポンサーリンク

今回のようなデータの流出が今後起こらない事を望みます。

【関連記事】⇒福原愛結婚会見での指輪は3000万円!江宏傑がデザイン?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *