生活

うつ病で休暇取得復帰後の再発率は?約半数が再取得か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病休暇からの復帰

うつ病で病気休暇を取得した約半数が、会社復帰後にうつ病を再発させ、病気休暇を再取得する傾向が高いようです。

スポンサーリンク

なぜそんなにも病気休暇の再取得率が高いのでしょうか。

また、うつ病で病気休暇を取得し、復帰後の再発率とはどれぐらいなのでしょうか。

今回はうつ病での病気休暇と、復帰後の再発率についてです。

会社復帰後の再発率

うつ病で病気休暇を取得し、会社復帰後にうつ病を再発する割合が高い傾向があるようです。

果たしてその再発率とはどれぐらいなのでしょうか。

実は大企業を対象とした厚生労働省の調査では、約半数が会社復帰後にうつ病を再発させ、再び病気休暇を取得しているようです。

その割合は、復帰から1年での再発が全体の28.3%となっているようです。

また2年以内では37.7%となり、5年以内では47.1%にも達していたとの事です。

この調査結果から、うつ病で休業した人の内約2人に1人が、会社復帰後5年以内にうつ病を再発している事になります。

なぜ約半数が再取得

ではなぜ約半数もの人が、会社復帰後にうつ病を再発し、病気休暇を再取得してしまっているのでしょうか。

その原因としては、もともとうつ病自体が、再発のしやすい病気である事が考えられるようです。

ただ個人的には、もしうつ病を発症した原因が、会社や仕事にあるのであれば、その業務に復帰すれば再発のリスクが高くなるのは当然だと思います。

なので再発率を低くする為には、復帰後の会社側の協力も必要だと思います。

対応と対策

うつ病の原因が仕事であれば、会社側で仕事内容の変更や、仕事量の調整をする必要があると思います。

もし人間関係に問題があったのであれば、部署替え等の対策が必要になると思います。

スポンサーリンク

また、時短勤務などにするのも有効でしょう。

そしてもし会社の対応に不満があれば、転職を考えるなど、個人でも再発のリスクを抑える必要があると思います。

いずれにしても、これだけうつ病の再発が多いのであれば、会社と個人で協力し合い、うつ病で病気休暇をしたとしても、復帰しやすい環境を整えてほしいですね。

その前にこれだけうつ病患者がおおいのであれば、うつ病にならない為の配慮も重要ですね。

【関連記事】
マイナンバーが保険証代わりに?その最大のメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *