経済

トランプのツイッター発言影響力は?株価へも影響するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプのツイッター

トランプ次期米大統領の発言が、各企業で影響を受けています。

トランプ氏のツイッター発言である、いわゆる「トランプ砲」は、日本企業だけでなく韓国政府なども影響を受けているようです。

スポンサーリンク

果たしてトランプ氏のツイッター発言「トランプ砲」で企業は、どんな影響を受けているのでしょうか。

また株価への影響はどれぐらいあるのでしょうか。

今回はトランプ次期米大統領のツイッター発言、「トランプ砲」について検証したいと思います。

トランプ砲の影響

トランプ氏は2017年1月5日のツイッター投稿で、日本企業のトヨタ自動車に対し、メキシコにアメリカ向けの自動車新工場の建設をすれば、重い国境税を課すと警告したようです。

トヨタは今後5年間で、米国に100億ドル(1兆1600億円)を投資すると発表しています。

またトヨタは過去の60年間で、約220億ドルもの投資を重ねてきた事も重ねて強調しています。

上記の発言は、トランプ氏のツイッター発言「トランプ砲」を受けてかは分かりませんが、結果としてトヨタはアメリカ経済に貢献する事、またしてきたことをアピールする形となりました。

因みにトヨタは、メキシコでの新工場建設計画については維持する考えのようです。

株価の影響

ではトランプ氏のツイッター発言「トランプ砲」での株価の影響は、どれぐらいあるのでしょうか。

なんと上記の一件で、トランプの批判ツイートを受け、トヨタの株価は一時3%も急落したようです。

やはりトランプ氏のツイッター発言「トランプ砲」は、株価への影響としては、かなり大きいと言えるでしょう。

トランプ氏の一言

トランプ氏がツイッターで発言する度に株価へ影響していては、企業もそれなりの対策や対応が必要になるでしょう。

しかしこのままで良いのでしょうか?

資本主義国家として、大統領が一企業の株価を左右させたり、企業の方針を決めてしまうのは、決して良い事とは思いません。

企業の自由競争が妨げられている気がします。

スポンサーリンク

またトランプ氏がツイッターで発言力を増す事で、ツイッターのアカウント乗っ取りなんかが怖い気がしますね。

もしアカウント乗っ取られたらなんて考えると恐ろしいです。

いずれにしても現在トランプ氏はまだ大統領就任前です。

期待感と不安が入り混じる中ですが、今後トランプ氏の政策で好景気になる事を期待したいと思います。

【関連記事】
トランプはいつからアメリカ大統領?任期とオバマとの交代は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *