ニュース

トランプ氏の名前が新種の蛾に?なぜドナルドトランピと命名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新種の蛾にトランプの名が

トランプ氏のアメリカ大統領の就任が、大きくニュースとして取り上げられています。

そんな中、新種の蛾に「ドナルド・トランプ」にちなみ、「ドナルドトランピ」という名前が付けられた事が、話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

ドナルド・トランプ氏が世間を騒がしている旬な人なのは分かりますが、なぜ新種の蛾に「ドナルドトランピ」の名が命名されたのでしょうか。

今回は新種の蛾「ドナルドトランピ」についてです。

ドナルドトランピ

トランプ氏の就任が迫っています。

そんな話題を呼んでいる次期アメリカ大統領のトランプ氏の名前の一部が、新種の蛾の名前に使われたようです。

その新種の蛾が「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と命名されたようです。

トランプ氏が今話題の人だと言うのは分かりますが、なぜドナルド・トランプにちなみ「ドナルドトランピ」と命名されたのでしょうか。

なぜ命名?

実は今回新たに発見された新種の蛾の頭部が、ドナルド・トランプ氏の髪形に似ていたと言うのが理由の一つのようです。

また、生態学的な問題への関心を集める目的もあり、現在注目を集めるトランプ氏の名前が使われたとの事です。

発見したカナダ人研究者は、蛾の頭部を覆う金色の鱗粉を見た際に、トランプ氏の髪形にあまりに似ていることに驚いたとコメントしていました。

因みにこの新種の蛾「ネオパルパ・ドナルドトランピ」は、体長約9ミリの小さな蛾との事です。

歴代大統領の命名はある?

今回はトランプ氏の名前の一部が、新種の蛾に使用されたという話題でした。

そこで疑問なのですが、これまでの歴代アメリカ大統領で、新種の生物などに名前の一部を使った事はあるのでしょうか。

実はバラク・オバマ大統領の名前の一部が使われた事があるようです。

オバマ大統領にちなんで命名された生物は、なんと熱帯魚やクモなどあわせて9種もあるようです。

これは歴代の米大統領の中では最も多いとの事でした。

という事は調べればもっと多くの歴代大統領の名前の一部が、生物の命名に使われているという事になりそうですね。

非公式の名前も

トランプ氏は、新種の蛾「ネオパルパ・ドナルドトランピ」の他にも、昨年発見された毛虫に「トランパピラー」という名前も付けられていたようです。

その命名の理由は、トランプ氏の髪形に似た橙黄色の毛でおおわれていた事から、その名が付けられたようです。

ただこれは非公式とのことでした。

スポンサーリンク

やはりトランプ氏の金色の髪の毛や、髪型が印象的なのか、その類の理由が多いです。

今後も新種の生物が発見され、金色の毛などの特徴があれば、トランプ氏にちなんだ生物の名前が使われていきそうですね。

※記事内の画像はイメージです。

【関連記事】
トランプ氏の就任前支持率が過去最低?期待値と比例しない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *