政治

トランプが大統領就任で消費税18%に?日本経済への影響は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプと消費税

トランプ氏がアメリカの大統領に就任した事で、アメリカ国内では大規模なデモも発生しているようです。

スポンサーリンク

日本にとっても他国の問題ではありません。

なんとトランプ氏がアメリカ大統領に就任で、「消費税が18%に?」との見解も一部で言われているようです。

なぜトランプ氏がアメリカ大統領に就任で、日本の消費税が上がるのでしょうか。

今回はトランプが大統領に当選した事による、日本経済への影響について検証します。

消費税が18%に?

36415cd09c63d8164109bfacfc2dd139_s

ではトランプ氏がアメリカの大統領に就任した事で、日本の経済にはどういった影響があるのでしょうか。

一部の情報では最悪の場合ですが、消費税が約18%に膨れ上がるのでは?との見解もあります。

なぜそんなにも消費税が上がってしまうのでしょうか。

その理由が下記になります。

日本の防衛費

まず最初に考えるのが、日本の防衛費の問題です。

トランプ氏はこれまで、在日米軍経費を全額日本が負担するべきと言ってきました。

そしてもしそれができなければ、米軍の撤退も示唆してきました。

日本の防衛費は、現在年間で約20兆円と言われています。

その20兆円の防衛費を全て自国で負担するとなると、8%の消費税アップが必要になると言われています。
(およそ消費税1%アップで税収2兆円の計算のようです)

現状の消費税は10%まではすでに決まっていますので、防衛費を消費税で賄おうとすると、8%の消費税アップが必要になるという事ですね。

なので消費税は合わせて18%まで上がる可能性があるという事ですね。

ただこれはあくまでも、日本の防衛費を全額消費税で負担と考えた場合のようです。

関税

他にもトランプ氏は、日本からの輸入商品の自動車などに高い関税をかけると言っています。

なので日本からしてみれば、輸出企業が弱体化してしまう恐れがあります。

なのでこの関税に関しても、トランプ氏が大統領に就任後の、日本への経済悪影響の一つと言われています。

日経平均なぜ上がる

上記では経済への悪影響になりそうな事を言って来ましたが、事実トランプ氏がアメリカ大統領当選後、日経平均株価は上昇しつつあります。

日本の経済の悪影響が懸念される中、株価上昇しているのはなぜなんでしょうか。

スポンサーリンク

これはトランプ氏が選挙中公約に掲げていた、大型減税やインフラ投資を柱とした景気刺激策への期待が高まっている為のようです。

その期待感から、結果ニューヨーク株式市場のダウ工業株平均が大幅高となり、ドルを買う動きが強まりました。

日本ではそのドル高を受け円安方向へ進み、輸出関連企業を中心に日経平均が上がる結果となりました。

【関連記事】⇒トランプはいつからアメリカ大統領?任期とオバマとの交代は

ただ今後円安株高が継続されるかは疑問視する声も多いようです。

いずれにしても、トランプ氏の大統領就任で消費税を含め経済への影響はでそうなので、注意深く見守る必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *