政治

トランプ氏の就任前支持率が過去最低?期待値と比例しない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ氏の就任前支持率

2017年1月20日をもって、第45代アメリカ大統領に就任予定のトランプ氏。

そんなトランプ氏の大統領就任前支持率が低くなっているようです。

スポンサーリンク

その就任前支持率は、過去に比べどれぐらい低いのでしょうか。

今回はトランプ氏の大統領就任前支持率について検証します。

過去20年で最低


トランプ氏の大統領就任前支持率が低くなっているようです。

アメリカの世論調査では、トランプ氏に好意的な人が約45%だったのに対して、否定的な人は約50%となっているとの事です。

そしてトランプ氏が無能な大統領になると回答した人は36%にも上ったとか。

因みにオバマ現大統領の時は7%、ブッシュ前大統領の時は14%だったようなので、トランプ氏の就任前支持率が、はるかに低い事が分かります。

また、トランプ氏の政権移行への対応については、支持すると支持しないがそれぞれ48%となったようです。

トランプ氏の大統領就任前支持率としては、過去20年で最低の支持率との事でした。

トランプ氏への期待

しかしトランプ氏の就任前支持率については、選挙当選後から回復しつつあるようです。

やはりトランプ氏が大統領就任前から、経済や景気が良くなりつつある事が評価されているのでしょうか。

実際に、トランプ氏はまだ就任前にも関わらず、多くの雇用を生み出す事に成功しつつあります。

またアメリカ国内の株価も上昇しています。

それと連動して日本も円安株高となり、トランプノミクスなんて言葉も生まれています。

今後もトランプ氏がアメリカ大統領に就任し、政策で期待よりも実績が上回れば、更に支持率は上がっていきそうですね。

スポンサーリンク

期待値とは比例しない

支持率が回復しつつあるとは言っても、大統領就任前の支持率が過去20年で最低という事実は変わりません。

またアメリカ国民は、3人に1人がトランプ氏が無能な大統領になると予想しているという回答結果もあります。

トランプ氏への現在の期待値と支持率は、比例しないという事でしょうか。

トランプ氏の大統領就任、日本にも大きく影響する事だけに、今後もトランプ政権には目が離せない状況が続きそうです。

【関連記事】
トランプのツイッター発言影響力は?株価へも影響するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *