生活

酉年はなぜ酉という漢字を使う?2017年干支の意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酉年の漢字

明けましておめでとうございます。

2017年の今年は酉年ですね。

スポンサーリンク

そこでふと疑問に思ったのですが、酉年の「酉」と言う漢字。

なぜ「鳥」ではなく「酉」という漢字を使用しているのでしょうか。

今回は干支の酉年の漢字に、「酉」を使用している理由と、「酉」の意味について検証します。

十二支

ではまず十二支について考えてみます。

十二支は古代中国で生まれたもので、中国から日本に入ってきたと伝えられています。

そして実は十二支すべて本来動物と関係のない漢字を使用しています。

十二支を思い返して頂けると分かると思います。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥、どれも現在使用している動物本来の文字とは違いますね。

なぜ酉の漢字

ではなぜ酉年では「酉」を使用しているのでしょうか。

これには諸説あるようですが、一部の情報で「酉」は昔、月を表すのに使用していたようです。

その十二支の内、十番目の月が酒作りの季節だった為、酉の字が使われたという、一つの説があるようです。

また「とり年」の「とり」は、鶏を表しているようです。

酉という漢字に、庶民になじみのある「とり」という言葉をあてたようですね。

これは当時の庶民が十二支を覚えやすくするために、身近な動物を当てはめたという説が多く言われているようです。

鶏が選ばれた理由

ではなぜ「酉」が「鶏」になるのでしょうか。

残念ながら、「鶏」が選ばれた理由は明らかになっていないようですね。

唯一言えるのは、当時なじみのある動物だったと言う事でしょうか。

酉の意味

酉年の「酉」の意味についてです。

こちらも諸説あるようですが、「酉」は、酒つぼやとっくりの象形文字が変化して「酉」という字が作られたと言われています。

因みに「酉」に水を表す「さんずい」がつく事で、「酒(さけ)」という字に変わります。

その酒を作った際に、酒を抽出したり、収穫すると言った意味で、「酉」は果実が成熟した状態を表していると言われています。

また実りの時期という意味もあるようです。

スポンサーリンク

酉年は実りの年

「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などで商売繁盛に繋がるなど、とても縁起の良い年と言われているようです。

また上記でも説明したように「酉」には収穫や、実りの年などの意味がありますので、物事が頂点の時期ともいわれているようです。

これまで勉強してきた事や、努力してきた事が報われる年かもしれませんね。

今年一年みなさまが良いお年でありますように!

【関連記事】
ハガキが2017年に値上げ!62円になるのはいつから

※記事内の情報は諸説あるうちの一部です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *