仕事

宅配便の値上げはいつから?ヤマト運輸27年ぶりに価格変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配便の値上げはいつから

ヤマト運輸が、宅配便の基本運賃の値上げを検討しているようです。

スポンサーリンク

果たして値上げはいつから実施するのでしょうか?

今回はヤマト運輸の値上げの時期と、27年ぶりに検討している価格変更の理由についてご紹介します。

ヤマト運輸27年ぶりの値上げ

ヤマト運輸が宅配便の基本運賃の値上げを検討しているようです。

値上げは、個人向けや法人向けを含め、全面的な基本運賃の値上げを考えているようです。

現在基本運賃は、60センチ以内の荷物(関東から関西の範囲)で、864円との事です。

これは1990年に100円程度値上げされたのが最後で、それ以来この価格を保っていたようです。

なので今回、値上げが実施される事になれば、消費税の引き上げを除き、実に27年ぶりの値上げという事になります。

なぜ値上げ

ヤマト運輸は、なぜ宅配便の基本運賃の値上げを検討しているのでしょうか。

やはり最近ニュースで話題になっている、宅配ドライバー不足が原因の一つとなっているようです。

インターネット通販などの急増が影響しているようですね。

なので今回の値上げの検討は、サービスの維持には仕方ない値上げと言えそうです。

値上げはいつから

ではヤマト運輸基本運賃の値上げは、いつからになるのでしょうか?

実はまだ時期については決まっていないようで、値上げ幅や時期といった詳細については、これから決定されるとの事でした。

ただ、2017年の秋までには値上げの詳細を固める見通しのようなので、値上げされるとなればそれ以降となりそうです。

配達時間の見直し

ヤマト運輸は基本運賃以外にも、配達時間の見直しも検討しているようです。

配達指定できる時間帯の内、12~14時の時間帯の廃止や、20~21時の時間帯の変更も考えているようです。

12~14時はドライバーの昼食時間確保、20~21時は時間帯指定が集中する為、ドライバーの負担軽減が目的のようです。

スポンサーリンク

時間帯指定を無くしてまで昼食時間確保という事は、これまでのドライバーは昼食も満足に取る時間が無かったという事でしょうか。

であれば確かに配達時間の見直しは必要だと思います。

最近宅配便のドライバー不足問題は、本当に良く耳にするようになりました。

改めて我々ユーザー側も、なるべく再配達にならないように配慮すべきだと感じます。

【関連記事】
AIの自動応答は可能か?コールセンターの仕事がなくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *