携帯

iPhoneが折りたたみ式?進化するスマホはガラケー型?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

折りたたみ式iPhone

「iPhone 7」が発売されてから約2ヶ月が経とうとしています。

スポンサーリンク

iPhoneが将来折りたたみ式になる可能性がでてきているようです。

ガラケーに戻るという事なのでしょうか?

今回はiPhone8を含む将来のiPhoneを考え、予想してみたいと思います。

iPhoneは似ている

「iPhone 7」が発売されてから約2ヶ月。

その評判はどうなんでしょうか。

一部の方の意見としては、「iPhone7」は「iPhone6s」に似すぎているなんて意見もあるようです。

iPhoneの特許

そんな中米国特許商標庁(USPTO)が、曲げたり折りたたんだりできるiPhoneに関する特許をAppleに付与したというニュースを耳にしました。

これはAppleが折りたたみのiPhoneを開発・発売する可能性を示唆しているとも思える情報です。

そのAppleの特許内容についてですが、カーボンナノチューブを使用した、プリント回路を搭載した電子機器だそうです。

ちょっと想像できませんね。

因みにカーボンナノチューブとは、炭素によって作られる六員環ネットワークが単層または、多層の同軸管状になった物質のようです。

これを聞いてもよくわかりません・・・。

折りたたみ式は未定

この折りたたみ式iPhoneについて現在Appleからは、コメントは出ていないようです。

折りたたみ式iPhoneはまだ未定という事でしょうか。

未来のiPhone予想

今回のAppleの折りたたみ式iPhoneの特許は、やはり「iPhone7」や「iPhone6s」が似ているという指摘を受けての事なんでしょうか。

であれば、確かにここで画期的なデザイン、システムの折りたたみiPhoneが発売されれば、注目を集めそうです。

しかしどんな形のiPhoneになってしまうのでしょうか。

予想してみました。

進化するスマホはガラケー?

普通に考えればガラケーのように二つ折りの携帯をイメージしてしまいます。

しかしこれでは、以前の携帯に逆戻りしただけで、斬新さはありません。

ならば手帳のように、横開きになるのでは?とも考えましたが、それもガラケーと大差ないと思いますし、大きくなる分使い勝手は悪くなる気がします。

スポンサーリンク

ならやはり最新技術でとても薄いディスプレイで、自由自在に折り曲げられるiPhoneが発売?と考えてしまいました。

これなら未来的で、且つ斬新、そして使い勝手も良さそうです。

しかしそんな技術が現在あるのでしょうか?

すこし疑問です。

サムスンはコンタクトレンズ型拡張現実(AR)ディスプレイの特許を取得しているようですが、この技術も実現するまではしばらく時間がかかると言われています。

なのでそんなスマホがあったとしても、それを発売できるのは先になりそうです。

いずれにしても、いつになるかは分かりませんが、折りたたみ式iPhone発表が楽しみですね。

【関連記事】⇒サムスンの倒産はあるか?ギャラクシーノート7が生産停止!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *