政治

トランプ就任で日本の安全保障が廃止に?同盟関係はどうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプと安全保障

トランプ氏がアメリカ大統領選挙に勝利した事で世界は衝撃を受けています。

スポンサーリンク

もちろんトランプ氏のアメリカ大統領就任を歓迎している国もあれば、不安視している国もあるでしょう。

日本でもトランプ氏のアメリカ大統領就任については、安全保障の問題やTPPなど、様々な意見が飛び交っています。

今回はそんなトランプ氏がアメリカ大統領に就任後の日本の不安材料の一つである、安全保障問題について検証していきたいと思います。

日本の安全保障問題

ae99042c6243c623c79f59262c6b59c5_s

トランプ氏はこれまで、日本在留米軍の経費は全額日本が負担するべきと言ってきました。

なぜなら日米安全保障は、日本が攻撃をうけた時、アメリカは日本を守らなければならないが、逆の場合日本はアメリカを守る義務はなく、一方的で不公平な条約というのがトランプ氏の主張です。

なので日本への在留米軍の経費は日本がもっと負担するべきという事なんですね。

トランプ氏がアメリカ大統領になる事で、日本の安全保障やアメリカとの同盟関係はどうなるのでしょうか。

今後の交渉に失敗した場合、日本在留の米軍撤退はあり得るのでしょうか。

トランプ側の主張

トランプ氏側は、「日米安全保障条約がアメリカ国民の利益にかなっているか見直したうえで、さらなる負担を求めて日本側と交渉する」という主張を示しているようです。

一応「見直し」という表現がありますので、すぐに米軍の撤退や在留米軍経費の全額負担を強いられる訳ではなさそうですね。

しかし「さらなる負担を求めて日本側と交渉する」という表現もありますので、交渉を求めてくる可能性は高そうです。

安全保障への理解

トランプ氏の安全保障への発言を受け、一部の意見としてトランプ氏は日本とアメリカの安全保障や同盟関係の内容を理解していないのではと言う人もいます。

確かにトランプ氏はこれまで政治経験もなく、かといって軍隊経験もありません。

普通に考えてトランプ氏が、日本とアメリカの安全保障の内容について、そこまで熟知しているとは到底思えません。

しかし仮にも大統領を目指してきた人です。

最低限の知識はあるでしょう。

ですがこの安全保障の内容や、日本になぜアメリカの米軍が在留しているのかの理由が分かっていれば、そんな発言はしないのではという腑に落ちない点もあります。

スポンサーリンク

日本の政府の対応

では仮にトランプ氏が安全保障や日本在留米軍の費用をすべて負担するようにと言ってきた場合、日本の政府はどう対応するのでしょうか。

稲田防衛大臣は、安全保障の日本の負担額は、現状で十分なものとの考えを示しているようです。

また追加負担については、現在は仮定の段階でなのでまだ答える立場にないとのコメントを残しています。

日本政府の考えとしては、これ以上の在留米軍経費の増額は今の所なさそうですね。

【関連記事】⇒トランプはいつからアメリカ大統領?任期とオバマとの交代は

経費の話については、トランプ氏が今後どのぐらい日本とアメリカの安全保障の内容に理解を深めるかにかかっているのでしょうか?

それとも日本の政府の動き次第でしょうか。

今後の日本政府の対応にも注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *