ニュース

原付2種!普通免許で125㏄是非の議論!そのメリットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原付2種普通免許で

「原付2種」と言われる、125㏄未満のバイクの規制緩和がインターネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

つい先日も同じようなニュースが話題になっていました。

その時は「普通免許で125㏄に乗れる」ように規制緩和の動きがあるといったニュースでた。

なぜここまで話題として取り上げられるのでしょうか。

今回も普通免許で125㏄に乗れる原付2種規制緩和の可能性について検証してみました。

原付2種メリット

なぜここまで、普通免許で125㏄に乗れる原付2種規制緩和が取り上げられているのでしょうか。

先日も全国オートバイ協同組合連合会や日本自動車工業会が、規制緩和の要請を警察庁にしているというニュースがありました。

確かに125㏄バイクには原付1種に比べ、速度制限が自動車と同じ、二段階右折が必要ない、2人乗りも可能というメリットが存在します。

そして経済的にも大きなバイクと比べ、ファミリーバイク特約の契約が可能などのメリットがあります。

そんないいとこどりの125㏄バイクが、普通自動車免許で運転できるのはとても魅力的です。

そんな原付2種の規制緩和の動きが強まっているのはなぜでしょうか。


★楽々坂道★折りたたみ可能なモペット電動自転車E-Bike16インチ Customバージョン

海外

これは海外での話ですが、125㏄までのバイクを普通自動車免許で運転できる国が多い現状があります。

そんな海外と同じ視点で見れば、日本が普通自動車免許で50㏄以下の原付1種しか運転できないのは疑問に感じる人も多いと思います。

日本と海外では交通事情も違うので一概には言えないと思いますが、バイクが好きまたは、バイクに乗りたい方で、自動二輪をもっていない方にとっては疑問に思う部分も多いはずです。

こういったところから声が上がった部分も多いと思います。

バイク業界活性化

最近若者の車離れが話題になる事が多いですね。

例え自動車免許をもっている人でも、維持費の関係で自動車を所有せず公共交通機関を使う人も多いと思います。

そんな方に便利なのが125㏄バイク。

原付では面倒な制限がなく、維持費も安いのでそういった方を取り入れて、バイク業界の活性化を狙っているのでは?と思ってしまいます。

安全性の議論

規制緩和を行った場合、課題となるのが安全性の問題だと思います。

規制緩和をして普通免許で125㏄に乗れるというのは、逆にこれまで原付バイクににしか乗っていない人や、原付にすら乗っていない人が、いきなり公道で60kmでバイクを運転する事になります。

そこに疑問をもつ人も多いでしょう。

スポンサーリンク

しかし、バイクの規制緩和でバイク業界の活性化や、外出が増える事で結果、景気の上昇へと繋がる可能性もあります。

原付2種の規制緩和はそれぞれメリット・デメリットが存在します。

普通免許で125㏄に乗れる原付2種の規制緩和については、しっかりと議論する必要があると思います。

【関連記事】⇒自動車免許が規制緩和?125ccのバイクも運転可能に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *