自動車

プリウスがリコール!その作業時間は?ブレーキに欠陥か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリウスリコールと時間

プリウスがリコールです。

スポンサーリンク

なんでも駐車ブレーキに不具合があったとして、プリウス21万2490台をリコールとの事です。

その対象車の年式は?

そして作業時間は?

今回はプリウスのリコールを検証します。

プリウスリコール

今回リコールの対象車種となっているのが、2015年10月から2016年10月製造のプリウスのようです。

リコール原因

リコールの原因は、設計不良との事です。

部品の固定が不適切で走行中に外れる可能性があるとの事です。

対策として固定用部品を追加するようです。

ちょっと怖いですね。

駐車ブレーキという事なので、駐車時には特に注意が必要かと思います。

因みにブレーキが利かなくなるトラブルは17件報告されており、事故はまだ報告されていないとの事です。

作業時間

普段忙しい方にとって時間は大切な物です。

リコールで早く部品交換して下さいと言われても、時間がかかるのでは?と作業時間気になりますよね。

実は以前もプリウスでリコールが出ています。

そこで以前のプリウスリコール時の作業時間を参考までに調べてみました。

因みにリコール内容は、燃料蒸発ガス排出抑制装置の交換やエアバックのブラケット追加などがあったようです。

その時の作業時間は、ほとんどの方が約2時間~3時間だったと聞いています。

もちろん今回は駐車ブレーキの固定用部品の追加という事なので、上記内容が比較になるかわかりません。

以前のリコール時の作業時間なので参考程度でご了承願います。

どうしても正確な作業時間が知りたい場合は、混雑状況もあると思うので事前にディーラーへの問い合わせをお勧めします。


プリウス 30系 ZVW 30 前期/後期 選べるパネルセット /インテリアパネル

リコールと安心

今回のリコール内容がブレーキという事で、対象車に乗っている方は早めの交換が必要ですね。

しかし最近他メーカーでもリコールの話題をよく聞きますね。

スポンサーリンク

自動車は機械という性質上リコールはしょうがない部分もありますが、安全がなりより大切です。

今後はリコールが減少していく事を期待します。

【関連記事】⇒富士重工業リコール!対象車種はレガシィ?その交換部品とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *