政治

アメリカ大統領選の投票結果発表はいつ?投票日が火曜日な訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ大統領選挙

いよいよ2016年アメリカ大統領選挙も最終局面を迎えます。

スポンサーリンク

現在アメリカの大統領選挙は、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補が接戦状態です。

そんな2016年アメリカ大統領選挙、日本時間での投票結果発表はいつ?

今回は選挙の日程と、なぜ投票日が火曜日なのかその訳について検証します。

2016年大統領選日程

06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_s

2016年のアメリカ大統領選挙は、現地時間で11月8日の火曜日に投開票を迎えます。

日本では11月9日の水曜日になりますね。

11月10日追記

2016年アメリカ大統領選挙は、トランプ氏が勝利しました。

果たして今後の日本への影響は、どのぐらいあるのでしょうか。
トランプ勝利日本はどうなる?トランプショックで経済破綻?

投票結果発表日

それではアメリカ大統領選挙の投票結果の発表日についてです。

アメリカ大統領選挙は、早ければ日本時間の11月9日の昼ぐらいには、投票結果の全容が明らかになるようです。

しかし大統領選挙が接戦になった場合の投票結果は、夕方以降になる場合も予想されるとの事です。

現在の状況では、民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補の接戦が予想されていますので、投票結果の発表は遅くなりそうですね。

投票日が火曜日な訳

アメリカの選挙は、火曜日に行われる事が多いですね。

予備選や党員集会が集中するので火曜日は「スーパーチューズデー」なんて言われています。

実際に今回の2016年の年アメリカ大統領選挙も、アメリカ時間では11月8日の火曜日です。

なぜ土日などの週末ではなく火曜日なのでしょうか。

アメリカの大統領選が火曜日な理由は、アメリカの歴史にありました。

19世紀のアメリカでは、移動手段も現代のように優れてはいなく、馬車での移動でした。

なので投票所へ行く為に、1日以上かかる人が多かったのです。

更にキリスト教における安息日の日曜には移動ができません。

なので火曜日が投票日として適していた訳ですね。

それが現代まで続いて投票日が火曜日となっているようです。


全アメリカ大統領完全査定ファイル [ 高島康司 ]

2016大統領選挙の接戦

テレビ討論会終了間際は、一時は民主党のクリントン候補が優勢かと思われました。

しかし11月3日時点での全米各種世論調査の支持率は、民主党のクリントン候補が47%、共和党のトランプ候補が45.3%です。

スポンサーリンク

その差はわずか1.7ポイントです。

本当にアメリカ大統領選挙は、接戦になりそうです。

はたして2016年アメリカ大統領選はどちらが勝利するのでしょうか。

【関連記事】⇒2回目テレビ討論会結果は?クリントントランプ見苦しい討論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *