ニュース

セシウムが福島原発周辺ダムで!人体・農作物の影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島原発ダム

福島第1原発周辺のダムの底で放射性セシウムが堆積されているようです。

スポンサーリンク

ダムと言えば飲料水や農業用水など、普段生活に使用する水を貯水している所だと思うのですが大丈夫なんでしょうか。

また人体や農作物への影響は?

今回は福島第1原発の放射性セシウムについて検証してみました。

放射性セシウムが堆積

8b5d1129eae0438ce416965c052c5d52_s

東京電力福島第1原発周辺の大規模ダム底に放射性セシウムが堆積されているというニュースが入ってきました。

森や山、川を伝ってこれまでダムに堆積されてきたようです。

今回環境省の調査により判明したとの事です。

このダムは飲料水や農業用水など、生活水として使用されているダムのようです。

他への影響が心配されます。

放射線量

ダムの水自体の放射線量は、人体に影響を与えるレベルではないとの事でした。

なので除染はせずに監視を続けるようです。

放射性セシウム

そもそも放射性セシウムとは放射線を出す能力も持った、放射性物質の一種の事です。

核分裂によって生成されます。

セシウム137の場合ですが、放射線の半減期(放射線が半減する期間)が比較的長く、その期間は30年とも言われています。

またこれらの物質は人体に影響があり、一定量以上体内に取り入れるとがんになる可能性もあります。

上記の事から、放射性セシウムを排出する原子力発電所の存在について、核廃棄物の処理と放射性物質の危険性の観点から現在でも議論されています。


100円OFFクーポン配布中★【予約受付中!10月中旬頃順次出荷予定】クリスタルガイザー(Crystal Geyser) 500ml 48本 送料無料 ミネラルウォーター クリスタルガイザー

人体・農作物の影響

今回は人体に影響を与えるレベルではないので、監視を続けるとの事ですがはたしてそれで良いのでしょうか?

もちろん専門家の意見を踏まえての事だとは思いますが・・・。

しかし汚染されているのはダムの水です。

飲料水・農業用水・生活に使う水です。

スポンサーリンク

実際に使用する方はどう思うでしょうか?

再び農業への風評被害も出かねません。

もう少し踏み切った対策も検討すべきではないでしょうか。

【関連記事】⇒豊洲移転でまた問題発生!搬入口の隙間で有害ガス漏れの恐れ20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *