科学

大西卓哉宇宙飛行士ISSから帰還!滞在期間と任務と実績は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大西卓哉宇宙飛行士

国際宇宙ステーション(ISS)から、大西卓哉宇宙飛行士が帰還しました。

スポンサーリンク

大西卓哉宇宙飛行士はどのぐらいの期間、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していたのでしょうか。

そして滞在中はどんな任務をしていたのでしょか。

また、実績は?

今回は国際宇宙ステーション(ISS)から帰還した、大西卓哉宇宙飛行士について検証します。

ISSからの帰還

54b9498ccb4e0da3603c16e593a22f60_s

大西卓哉宇宙飛行士は、日本時間の30日午後1時前頃に、ソユーズ宇宙船から分離された帰還カプセルで、カザフスタン中央部の草原に無事着陸しました。

大西卓哉宇宙飛行士の他にも、ロシアのアナトーリ・イワニシン飛行士とアメリカのキャスリーン・ルビンズ飛行士もソユーズからの同じカプセルで帰還しています。

大西卓哉宇宙飛行士を含む3名の宇宙飛行士は、今後式典に出席後約45日間のリハビリ生活に入るようです。

無重力の宇宙空間に長時間いたので、地球の重力になれるのも大変ですね。

滞在期間

大西卓哉宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)滞在期間は4カ月間です。

長期間の国際宇宙ステーション(ISS)滞在となりました。

4カ月間も無重力空間にいるって、どんな気分なんでしょうね。


宇宙のサバイバル(3(国際宇宙ステーション編)) [ 洪在徹 ]

大西卓哉の任務と実績

大西卓哉宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)滞在中の任務についてです。

大西卓哉宇宙飛行士は、今月アメリカの無人物資補給機「シグナス」を、ロボットアームでつかまえるという重要任務を見事成功させた事で話題になりました。

他にも無重力下で加齢の影響を調べる実験や、たんぱく質の高品質結晶を作る実験など数々の実験をしています。

スポンサーリンク

大西卓哉宇宙飛行士は、日本人で11人目の宇宙飛行士です。

今回の国際宇宙ステーション(ISS)での大西卓哉宇宙飛行士の実績は、日本や世界の宇宙開発に貢献したと思います。

そして数々の実験は、医療の発展にも貢献する事でしょう。

次は誰が日本人宇宙飛行士として、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かうのでしょうか。

そして今後は、国際宇宙ステーション(ISS)ではなく、火星にも行く日がおとずれるんでしょうか。

今後の宇宙開発に期待します。

【過去記事】⇒オリオン座流星群2016年!ピークと観測条件と方角は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *