テレビ

織田裕二の新ドラマはひどい?2016年秋主演での演技!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織田裕二の新ドラマ

先日、織田裕二主演の2016年秋の新ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」がスタートしました。

スポンサーリンク

織田裕二さんはなんと、3年ぶりの主演連続ドラマだったようです。

今回の織田裕二さん主演ドラマの放送を見て、一部ひどい?という意見も出ているようです。

ひどい演技とはどういう事なんでしょうか?

今回は織田裕二さん主演ドラマでの演技はひどいのか?を検証していきたいと思います。

2016年秋新ドラマ

まず今回織田裕二さんの演技がひどいと言われている2016年秋の新ドラマが「IQ246~華麗なる事件簿~」です。

TBS系列での放送です。

どんなドラマなのでしょうか。

下記が「IQ246~華麗なる事件簿~」の主要キャストです

法門寺 沙羅駆 役 織田裕二
和藤 奏子 役 土屋太鳳
89代目 賢正 役 ディーン・フジオカ

内容はドラマのタイトルにもある「IQ246」を持っている主人公の法門寺沙羅駆(織田裕二)が、難事件を解決していくというストーリーになっています。

織田裕二さん刑事もの多いですね。

織田裕二の演技はひどい?

では肝心の「IQ246~華麗なる事件簿~」のドラマ内での織田裕二さんの演技についてです。

そんなに言われるほどひどいのでしょうか?

そしてなぜそこまでひどいといわれるのでしょうか。

それはドラマ内で法門寺沙羅駆役の織田裕二さんの話し方が原因のようです。

話し方や口調が相棒の水谷豊(杉下右京役)さん風で、パクリ風の演技と言われているようです。

織田裕二の違和感

上記で紹介したように、織田裕二さんの演技がひどいと言われるのは、水谷豊さん(杉下右京役)風の話し方が原因のようです。

確かに言わてみれば、違和感はありました。

水谷豊さんのまねしていると言われればそんな感じもします。

しかしそれは織田裕二さんの印象が、「踊る大捜査線」のイメージが強いがゆえに、そう感じるのかもしれません。


振り返れば奴がいる DVD-BOX [ 織田裕二 ]

アマルフィ 女神の報酬 ビギンズ・セット【Blu-ray】 [ 織田裕二 ]

本当にひどいのか

織田裕二さんの演技。

確かに違和感があり、水谷豊さん風で、正直ちょっと変な感じです。

これは本当にひどい演技なのでしょうか?

個人的な意見ですが、俳優として先輩の水谷豊さん(杉下右京役)の演技を見習ったと思えば、それもありかなと思います。

しかし織田裕二さんの演技がひどいと言う意見があるのも事実です。

スポンサーリンク

視聴者に不快な感覚を与えては、視聴率に影響するでしょうね。

「IQ246~華麗なる事件簿~」のドラマは失敗に終わってしまうのでしょうか。

【関連記事】⇒カインとアベルは韓国ドラマ?日本と内容の違いは存在する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *