政治

大統領令で入国を禁止された国は?ANAとJALに批判の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大統領令で入国禁止

トランプ大統領が大統領令を次々と発令しています。

その中に中東やアフリカのイスラム諸国などからの入国を禁止した大統領令が、多くの批判を呼んでいます。

スポンサーリンク

果たしてこの大統領令で、アメリカに入国を禁止されている国は、具体的にどこの国なのでしょうか。

また、日本の航空会社のANAとJALにも批判の声が上がっているようですが、それはなぜなのでしょうか。

今回はトランプ大統領の大統領令で入国を禁止された国と、ANAとJALに対する批判の声について検証します。

入国を禁止された国

ではトランプ大統領の大統領令で、入国を禁止されている国とは、具体的にどの国なのでしょうか。

トランプ大統領の署名でアメリカへの入国を禁止された国は、中東のシリア、イラク、イラン、アフリカのリビア、ソマリア、スーダン、イエメンの7カ国が対象のようです。

主に中東やアフリカのイスラム諸国が中心となっているようですね。

ANAとJALに批判の声

日本の航空会社のANAとJALは、トランプ大統領の大統領令で、対象国になっている人の搭乗を拒否しているようです。

アメリカへの入国を禁止された国のパスポート持つ人は、飛行機に搭乗できないという事のようですね。

しかしこれは、IATA(国際航空運送協会)から、各国航空会社への通知に基づいたものとの事です。

ですが今回ANAとJALが行っている、搭乗拒否には批判の声が上がっているようです。

世間では「トランプ大統領を追従するのか」、「運ぶのは良いのでは」という意見が多いとの事でした。

なぜ搭乗拒否

トランプ大統領の中東やアフリカのイスラム諸国などからの入国を禁止した大統領令には批判も多く、それに便乗したような恰好となったANAとJALに批判の声があがってしまうのは、当たり前のような気がします。

しかしそんな中なぜANAとJALは、搭乗拒否という手段をとっているのでしょうか。

もちろんIATAからの通知はあると思いますが、それ以前に入国できないとわかっている人の搭乗を断るのは、航空会社として一般的な措置との事です。

費用は誰が払う

航空業界では一般的に入国拒否にあった場合は、出発地に戻ることが原則として決められていているようです。

そうなれば日本から出発しアメリカで入国を拒否すれば必然として、日本へ戻ってしまう事になります。

また日本へ帰還する際の費用も、搭乗者が負担しなければならないようなので、入国できない可能性がある以上、航空会社や搭乗客の事を考えれば、搭乗拒否はしかたない措置なのかもしれません。

今後の展開

現在(記事作成現在)、ANAとJALなどの措置による、搭乗拒否やキャンセルなどは発生していないようです。

スポンサーリンク

しかし今後もANAとJALなどの搭乗拒否について、問題が起こらないとは限りません。

今回もトランプ大統領の大統領令で、日本や企業が振り回される形となってしまっています。

果たして今後アメリカの入国禁止問題は、どうなっていくのでしょうか?

違憲や議会での白紙撤回はあり得るのでしょうか。

今後の展開が気になります。

【関連記事】
大統領令がもつ効力とは?トランプがこれまでサインした指令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *