生活

年金支給額が2017年度値下げに!保険料支払いは増額か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金支給額値下げ

厚生労働省が、公的年金支給額の値下げを発表したようです。

スポンサーリンク

果たして年金支給額はいつから下がり、総額でいくらの値下げになるのでしょうか?

また度値下げの原因とは?

そして年金の保険料支払いは増額になる?

今回は年金の支給額と、国民年金の保険料についてです。

いつから値下げ実施?

では年金支給額はいつから値下げするのでしょうか。

実は来年度である2017年度から値下げになるようです。

因みに適用時期については、6月に支給する4月分から適用になるとの事でした。

支給額はいくら下がる

では年金支給額はいくら下り、年金の受け取り総額はいくらになるのでしょうか?

2017年度から年金の支給額は、0.1%引き下げるとの事です。

なので毎月の国民年金受取額(満額1人分)は、前年度比67円減の6万4941円となるようです。

また、厚生年金については、夫婦2人の標準世帯の場合で、227円減の22万1277円になるとの事でした。

値下げの原因

値下げの原因は、年金額改定の指標となる昨年1年間の物価水準が下落した事が原因のようです。

因みに引き下げについては、2014年度以来3年ぶりとの事でした。

年金支払いは増額

年金の支給額は下がるようですが、国民年金の月額保険料は増額となるようです。

2017年度の国民年金の月額保険料が、前年度比230円増の1万6490円になるようですね。

スポンサーリンク

年金の支払い額は上がり、受け取る額が下がるのでは、割りに合わない気がしますね。

しかし物価水準などで計算されているのあれば、やむをえないのでしょうか?。

いずれにしても年金については、今後も受給年齢の引き上げなども噂されています。

更に年金保険料は増額し、受給額は下がる事も予測されます・・・。

今後はますます年金のメリットを感じにくい時代になっていきそうですね。

【関連記事】
年金支給年齢が70歳に!いつから実施されるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *