スポーツ

モハメド・アリ逝去。元ヘビー級王者の功績とファイトマネー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モハメド・アリ逝去

元ヘビー級王者の「モハメド・アリさん」が3日、74歳でこの世を去ったと報道されました。

スポンサーリンク

原因はパーキンソン病や呼吸器に関する問題という情報もありますが、定かではありません。

最近は入退院を繰り返していたようです。

これまでの功績

モハメド・アリさんはこれまでの功績も素晴らしい方でした。

世界ヘビー級王座を3度奪取し、注目を集めていました。

1976年には、アントニオ猪木と格闘技世界一決定戦を戦っていましたね。

結果は引き分けだったようです。

モハメド・アリさんの名言「不可能はない」も有名ですね。

ヘビー級ボクサーといえば、モハメッド・アリさんの他にも、ジョー・ルイスさん、ジョージ・フォアマンさん、レノックス・ルイスさん、マイク・タイソンさん等々数々のスター選手がいますが、モハメド・アリさんは、スピードや打たれ強さ、知能等すごい技術をもったボクサーと称賛されています。

歴代プロボクシングのヘビー級ベスト3には、必ずと言っていいほど名前が上がってくる方ではないでしょうか?

402363ファイトマネー

話は脱線しますが、以前300億円以上のファイトマネーでメイウェザー対パッキャオ戦がニュースになっていました。

プロボクサーのファイトマネーは高額ですね。

モハメド・アリのファイトマネーはいくらぐらいだったんでしょうか?

モハメド・アリのファイトマネーですが、一番多く稼いだ試合

ジョージ・フォアマン戦で500万ドルといわれています。

当時は固定レートだったので1ドル360円×500万=18億円

こちらもこちらも庶民離れした額です。

世界タイトルマッチのファイトマネー相場は、2,300万~1億円といわれています。

相場からしてもスター選手はすごいですね。

因みに新人の場合デビュー戦の4回戦なら規定で6万円、6回戦に上がれば10万円程度だそうなので、ボクシングだけで食べていくにはかなりの覚悟が必要なんですね。

ファイトマネーの金額からもモハメド・アリさんのすごさを改めて痛感しました。

スポンサーリンク

とてつもなく偉大な人を失ってしまいましたね。

改めて、ご冥福をお祈りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *