携帯

携帯料金未払いが増える要因と滞納者の最後!ブラックでも持てる2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯複数所持・料金滞納に注意!

最近携帯電話の未払いや、滞納が多くなっいる話を聞いた事があります。

携帯電話を未払いし続けると、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

今回はなぜ滞納者が多くなっているのか、そして滞納し続けると、どうなってしまうのかを検証します。

携帯料金滞納者が増える要因

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s

携帯料金の未払いや滞納者が増える要因は大きくわけて2つあります。

まず一つ目は、携帯電話の高額化です。

現在のほとんどの携帯電話がスマホへと移り変わっています。

このスマホがとても高額なんです。

ってほとんどの方は認識していますよね。

しかし、スマホが高額な事に気づいていない方も一部いる事も事実です。

それは携帯購入の際に、実質0円という表記がある為です。

これは携帯を使い続けることで毎月の割引が入る為、携帯電話を購入したという認識がなくなってしまうんです。

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_l

これが危険なんです。

スマホは機種にもよりますが、数万円~10万円に近い機種も存在します。

スマホは高額なんです!

そしてこれを気軽に買っている事になるんですが、実質0円で分割購入した場合に実質借金をしている事に気付いていない人がいます。

一番危険なのが、契約中はその割引が適用されるので実感しないんですが、突発的な理由で途中解約する場合です。

例えば2年契約中の12ヶ月目で解約するとします。

その場合、解約料金+分割の残金+月の使用料を払わなければなりません。

これは機種やキャリアにより異なりますが、購入価格8万円スマホと仮定すると、

解約料金 1万円
分割残金 4万円
携帯料金 1万円

合計6万円料金が解約時にかかる事になります。(解約料金と携帯料金はざっとの計算です。)

5ce11dd3b788677be811ea0589b2b41b_s

そして二つ目はその認識が薄くなってか、複数台購入する人も多い事です。

複数台購入し、管理ができなくなっている方もいます。

そもそも支払い能力がない場合は論外ですが、支払日を忘れている場合もあります。

また、2台契約の方が安くなると言われ契約する事もあると思いますが、その場合数年後も同じ料金なのか確認する必要があります。

数年後料金形態がかわっていて、引き落としができなかったなんて事もありえます。

そしてこちらも一番危険なのが、突発的な解約の時です。

90044e1efb77693418bcca20a8ecd6e9_s

上記でもご説明しましたが、1台の解約に6万かかるとすると、2台契約の場合は解約に12万円かかる計算になります。
(あくまでも例です。分割の残りや機種・キャリアにより異なります。)

理由があって複数台所持する場合には、解約のタイミングや管理を徹底しましょう。

また、どうしても携帯が複数必要であれば、今ある携帯電話を利用して、スマホ料金を安くするのも手だと思います。

そこでスマホはそのままで、スマホ代が安くなるお勧めなサービスがあります。

詳細は下記から確認できます。

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

携帯料金を滞納した末路

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

携帯料金を滞納したり、支払いが遅れると先に携帯会社から連絡がきます。

この連絡がきた時点で支払ってしまえば、ほとんどの場合は大丈夫でしょう。

しかしこの連絡を無視したり、支払わない場合は携帯電話を止められます。

この場合でもすぐに支払いをすれば、まだ大丈夫です。
(ですがお勧めはしません。後述しますがキャリアの情報に残る可能性があります。)

支払いが確認できれは、また電話を利用できるようになります。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

問題は次のステップです。

料金滞納してから数ヶ月(およそ2、3ヶ月といわれています)すると強制解約になってしまいます。

もし携帯を複数所持していて、1台止められても大丈夫なんて考えは大間違いです。

まず強制解約された携帯電話会社に滞納料金を全額支払わなければ、どの携帯電話会社も契約ができないと言われています。

キャリア同士で情報交換している情報にも残ってしまうんです。

なので次回携帯電話を契約する際に、契約できない可能性が出てくるという事です。

この滞納料金を払えば契約は大丈夫との情報もありますが、キャリアの審査にかかわる部分なのでなんともいえません。

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

そしてこれだけでは終わりません。

もっと大事な事は、携帯端末の分割が残っている場合です。

上記でもお話ししましたが、携帯を分割=ローン返済中(借金返済中)なのです。

なので携帯を分割支払いしていた場合、金融機関の信用情報データベースにも記録が残る可能性があります。

スポンサーリンク

どういう事かというと、いわゆるブラックリストにのるので、クレジットカードやローンの審査に支障がでるようになります。

そしてその後も支払い義務がなくなるわけではありません。

支払いの督促は続きます。

未払い金は延滞金とされ、利息も発生しています。

それでも支払いがなく滞納し続ければ、携帯電話会社は法的な手段に出る場合もあります。

ブラックでも携帯を持つ方法

3b077f87209d558609778bf5b145dd38_s

しかし、もうすでにブラックで携帯を持てなくなった人もいると思います。

現代では携帯電話は必需品です。

最後にそんな人でも携帯電話を持つ方法と、携帯を複数所持したいけどリスクを軽減したい方にお勧めの方法をご紹介します。

それは携帯電話をレンタルする方法です。

携帯電話をレンタルする方法は、Goodモバイルというサービスで可能です。

こちらでは面倒な審査もなく、1日単位でのレンタルが出来ますので、スピーディーかつ手軽に携帯をレンタルする事が可能です!

例えば下記のような方にお勧めです。

・手軽に使えて通話料が安い携帯を探している
・不払いなどで自分名義で携帯が持てない
・ビジネスの関係でセカンド携帯が欲しい
・撮影で利用したい
・スマートフォンで実機検証を行いたい

詳細は下記から確認できます。

スピーディーかつ手軽にレンタル!携帯レンタルならGOODモバイル

他にプリカ携帯を持つという方法もありますが、プリカ携帯は機種が限定されたり、通話料が高いというデメリットがあるので、あまりお勧めはできません。

まとめ

携帯電話は非常に便利なものです。

しかしどんどん高機能になり、そして価格もどんどん高価になってきています。

分割購入している方は、普段の月額料金に分割料金を支払っている認識を持ち、しっかり管理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *