携帯

漫画用キンドルは売れる?端末は使える?メリットを検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画用キンドルは売れる?

アマゾンから漫画用キンドルが発売されました。

スポンサーリンク

電子書籍端末「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」です。

はたしてこの漫画用キンドルのメリットはあるんでしょうか。

そして価格はいくらぐらいに設定されているんでしょうか?

今回はアマゾンが漫画専用に特化し販売する、漫画用キンドルについて検証します。

漫画用キンドル

漫画用キンドルの正式名称は、「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」です。

名称通り、容量が32GBのモデルになります。

平均700冊の漫画や本などをを持ち歩けるような設計になっているようです。

従来のキンドルからすれば大幅な容量アップになりました。

価格

それでは漫画用キンドルの価格についてですが、1万6280円で販売との事です。

またアマゾン・プライム会員なら1万2280円で購入できるようですね。

因みに今回の漫画用キンドル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は、Wi-Fiモデル限定のようです。

※価格は販売店や時期により異なる場合があります

漫画用キンドルのメリット

今回の漫画用キンドル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」には様々なメリット・新機能があるようです。

まず一つ目は上記でも少し触れましたが、容量の大幅アップですね。

これは日本のユーザーから、漫画は容量が大きいのでもっと大容量の端末が欲しいという要望を受けて32GBというモデルが実現したようです。

そして二つ目は速度アップです。

漫画用キンドルは、「動作がもたついている、ページを早く描画してほしい」という要望を受け、ページをめくる速度を従来の端末から、33%も高速化されているようです。

上記の新機能は一部ですが、容量アップや速度アップは、ユーザーからしたら嬉しいですね。


Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト

漫画の電子化

小説や雑誌、漫画は電子化され、スマホやタブレットの端末などで手軽に読める時代となってきました。

しかしスマホやタブレットの端末で本を読むという事に、賛否両論あるのも事実です。

確かに電子化する事によって、持ち運びに便利になり、また本がかさばって悩むこともなくなりました。

しかし実際に本を手に取って読むあの感じが好きで、未だスマホやタブレットを使わずに本を読んでいる人も多くいると思います。

スポンサーリンク

ただ本当にスマホやタブレットの端末で本を読むのって便利なんですよね。

漫画に特化した機能を備えつけた「漫画用キンドル」は、タブレットで漫画を読む人にとっては、とても快適だと思います。

漫画用キンドル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は、上記のメリットを踏まえた上で、はたして売れるのでしょうか。

【関連記事】⇒サムスンの倒産はあるか?ギャラクシーノート7が生産停止!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *