自動車

高齢者講習で自動車学校混雑!5ヶ月待ちの予約状況とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者講習

高齢者講習

高齢運転者の事故防止の為に、高齢者講習が義務づけられているのをご存じですか。

スポンサーリンク

実はそんな高齢者講習で自動車学校が混雑し、現在高齢者講習の予約待ちは5ヶ月以上の自動車学校もあるようです。

ではなぜそんなにも高齢者講習で、自動車学校が混雑しているのでしょうか。

そもそも高齢者講習とは、どういったものなのでしょうか。

今回は高齢者講習で自動車学校が混雑する理由と、高齢者講習についてご紹介します。

自動車学校が混雑する理由

自動車学校の風景

ではなぜ高齢者講習で、自動車学校が混雑しているのでしょうか。

実は最近自動車学校が、少子化の影響で学校そのものが少なくなっているようです。

そんな中、高齢者講習の約95%を自動車教習所に委託している為、予約待ちが多く発生している状況のようです。

5ヶ月待ちの予約状況

現在の高齢者講習の予約待ち状況についてです。

警察庁による昨年の調査では、高齢者講習を予約して待つ期間が2カ月を超える人が、70歳~75歳未満の方で20%、そして75歳以上の方では27%となっているようです。

また5カ月以上待ちが発生しているのは、兵庫県で70歳~75歳未満の方が19%、埼玉の75歳以上の方で16%などとなっているようです。

講習を受けないと

では高齢者講習を受けないとどうなるのでしょうか?

講習対象者の方で、更新時の誕生日前後の6カ月間に、高齢者講習を終了しないと免許が失効する事になるようです。

この期間を踏まえると、高齢者講習の予約待ち5ヶ月以上は、すこし問題がある気がします。

講習内容

そもそも高齢者講習とは、どういったものなのでしょうか。

高齢者講習は、高齢運転者の事故防止の為に70歳以上に義務付けている講習です。

そして高齢者講習の内容は、免許更新時に検査や講義、実車指導を受ける事になります。

また、75歳以上の高齢者には認知機能検査もあります。

混雑を予測できなかったのか

最近高齢者の交通事故などが社会問題になっています。

なので確かに、高齢者講習や認知機能検査については重要性を感じます。

しかし現状の予約待ち状況を見ると、自動車学校と教員の数に対して、高齢者講習が混雑する事を、事前に予測できなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

高齢者講習を受講しなければ免許が失効してしまうだけに、混雑で講習の予約がとれないとなれば大問題です。

警察庁運転免許課では、講習時間を短縮などで2カ月以上の受講待ちの解消を目指すと言っているようです。

ですが、今後高齢化はますます進み、受講者は多くなる一方だと思います。

また、講習時間を短縮して、講習内容が薄くなっては、高齢者講習を実施する意味がなくなってしまう可能性もあります。

内容の濃い高齢者講習を行う為に、自動車学校以外でも講習を実施できるようにするなど、なにかしらの対策が必要なのではないでしょうか。

【関連記事】
自動ブレーキ義務化はいつから?現在の搭載率はどれぐらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *