経済

WEF国際競争力ランキングで日本は8位?後退原因を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際競争力ランキング

世界経済フォーラム(WEF)が、2016年の国際競争力ランキングを発表しました。

スポンサーリンク

今回発表されたランキングは世界経済フォーラム(WEF)が発表したもので、国際競争力をランキング形式で示した物です。

世界経済フォーラム(WEF)とはどういった機関なんでしょうか。

また国際競争力ランキングとは?

そして日本の順位は?

今回は世界経済フォーラム(WEF)の国際競争力ランキングについて検証しました。

世界経済フォーラム(WEF)

6310af0bb7c81ec64dcf87ff871eb81e_s

世界経済フォーラム(WEF)とは、ビジネス、政治などの社会におけるリーダーたちが連携し、世界情勢の改善に取り組む独立した国際機関の事です。

本部をスイスに置き、非営利財団として活動しています。

今回はその世界の政財界首脳らが集う世界経済フォーラム(WEF)で、国際競争力ランキングが発表されたという事ですね。

国際競争力ランキングとは

国際競争力ランキングとは、国際競争力を「国家の生産力レベル」と定義し、それをランキング化したものです。

また評価はビジネス、インフラ、教育、労働市場、金融などの洗練度を対象としています。

日本の順位

国際競争力ランキングは、138ヵ国・地域が対象となっています。

日本の総合順位は138ヵ国・地域中8位だったようです。

これは前年が6位だったので、後退してしまった結果となりました。


「国際競争力」とは何か [ 友寄英隆 ]

後退原因は

研究機関の質などの評価が下がった事が後退の原因のようです。

「技術革新」の項目で8位に後退したとの事。

しかしなぜ研究機関の質などの評価が下がったのでしょうか?

昨年はノーベル賞も取りました。

「ニュートリノに質量」発見で物理学賞に梶田隆章氏、感染症研究で生理学・医学賞に大村智氏。

スポンサーリンク

日本の技術革新はすごいと思いますが、他の国がそれを上回っているという事でしょうか?

因みに今回の国際競争力ランキングは欧州連合(EU)離脱決定前の調査によるものだそうです。

来年の国際競争力ランキングには、今年より良い結果を期待します。

【関連記事】⇒韓国で接待規制法施行!賄賂は罰則?割り勘文化定着するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *