生活

国民年金の強制徴収対象者を拡大!現在の納付率は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民年金

国民年金の強制徴収対象者について、更なる拡大が検討されているようです。

スポンサーリンク

これまでの国民年金強制徴収は、どんな人が対象になっていたのでしょうか?

また、今回の拡大でどのような人が新たに、強制徴収の対象になってしまうのでしょうか?

今回は現在の国民年金の納付率を含め、国民年金の強制徴収について検証します。

強制徴収対象者の拡大

国民年金は、これまで所得350万円以上で、未納月数7カ月以上の人が、強制徴収の対象となっていました。

しかし今回の強制徴収対象者の拡大で、所得は300万円以上、未納月数は13カ月以上にする方針のようです。

なので強制徴収対象者は、所得については50万円程安くても対象と厳しくなりますが、未納月数については13カ月以上と少し緩和されそうです。

対象者は増加

上記では強制徴収対象条件の内、未納月数については緩和が見られますが、強制徴収の対象者自体は増加する見込みのようです。

未納月数よりも、所得条件を厳しくする事で、未納者対策を拡大させる狙いのようです。

現在の納付率は

では現在の国民年金の納付率は、どれぐらいなのでしょうか?

強制徴収対象者を拡大しなければならないほど、悪いのでしょうか。

実は平成26年度の納付率は、昨年12月末時点で71.5%との事です。

約3割が未納という事になりますね。

国民年金加入者の多くは保険料を自ら支払うため、給与から天引きされる厚生年金に比べ、未納となる傾向が多いとの事でした。

免除と猶予

国民年金の納付率があまりよくないようですが、未納な理由は自ら支払うシステムの問題だけでしょうか?

スポンサーリンク

他にも本当に支払えない経済的な理由がある方もいるのではないでしょうか?

実は国民年金には、収入減少や失業などで納付が難しい方には、保険料の免除や納付の猶予制度が適用になる場合があるようです。

そういった制度がある事を広める事も、納付率を上げる対策として、必要なのではないでしょうか。

【関連記事】
年金支給額が2017年度値下げに!保険料支払いは増額か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *