ニュース

自動車免許が規制緩和?125ccのバイクも運転可能に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

規制緩和

普通自動車免許で125㏄バイクに乗ることが可能になるかもと、インターネットで話題になっています。

スポンサーリンク

もし本当に普通自動車免許で125㏄バイクの運転が可能になったら、小型自動二輪の存在はどうなってしまうのでしょうか。

今回はそんな自動車免許の規制緩和について検証しました。

小型自動二輪免許

現在125㏄のバイクを運転する為には、小型自動二輪以上の免許が必要です。

125㏄のバイクが人気が出てきた現在、全国オートバイ協同組合連合会や日本自動車工業会が、「簡便化」の要請を警察庁などにしてきました。

125㏄バイク人気の理由

125㏄バイクには多くのメリットが存在します。

その理由はまず速度制限です。

原付(49㏄以下)の速度制限が30kmに対して、125㏄バイクを含む50㏄以上のバイクは、自動車と同じ制限速度で走行可能です。

また原付で煩わしい、交差点での二段階右折が必要ありません。

更に、原付は一人乗り限定ですが、125㏄バイクは2人乗りも可能です。

そして250ccや400ccなどの比較的大きな排気量に対して、125㏄以下のバイクはファミリーバイク特約の契約が可能です。

自動車の任意保険特約でバイク保険がカバーできるのです。

なので経済的にも125㏄バイクは、非常にメリットのある乗り物なのです。

このバイクが普通免許で運転できるとなると、自動二輪の免許をもっていない人にとっては、非常に大きな規制緩和になると思います。

価格帯

最近の125㏄バイクは、10万円台~40万円台まで幅広い値段設定で売り出しています。

なので予算・用途に合わせて適切なバイクを選ぶ事が可能です。

またスクータータイプのオートマチック車が多く存在するのも、この排気量バイクの特徴です。

手軽に安い価格で、性能も良いバイク、125㏄バイクが売れないはずがありませんね。


【ふるさと納税】YAMAHA TRICITY(トリシティ—)125CCバイク 2015モデル

小型自動二輪の存在

もし規制緩和され、普通自動車免許で125㏄バイクの運転が可能になったら、小型自動二輪免許の存在はどうなってしまうのでしょうか。

現在小型自動二輪免許は、16歳から取得が可能です。

という事は原付免許と同じで、小型自動二輪免許の存在は残り、普通自動車免許を取得していない人や、18歳未満の人が取得対象の免許になりそうですね。

普通自動車免許のおまけで小型自動二輪免許、規制緩和は喜ばれそうですね。

しかし課題もあると思います。

それは事故率の上昇です。

これまで自動車もしくは原付しか運転した事がない人が、いきなり車と同じ速度でバイクの運転は危険との声もあがりそうです。

スポンサーリンク

また2人乗りなどは、自動二輪免許を持った人でも1年以上の経験が必要で、高度な運転技術を必要とします。

バイク事故は自動車と違いボディーという守る存在がありません。

転倒=ケガにつながります。

この辺をどう考えるかが、今後の規制緩和の決定を左右しそうです。

【関連記事】⇒ドンキホーテがイトーヨーカドー跡地に!居抜きで年商1兆?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *