政治

健康ゴールド免許とは?小泉進次郎や自民党議員の政策提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康ゴールド免許

最近小泉進次郎衆議院議員を中心とする、若手自民党議員20人の政策提言が注目を集めています。

スポンサーリンク

その政策提言の内容が、雇用や社会保障に関する大胆なものになっています。

その中でひときわ注目を集める「健康ゴールド免許」とは、どんな内容の提言なんでしょうか。

今回は小泉進次郎や若手自民党議員の政策提言内容「健康ゴールド免許」について検証します。

政策提言

9db030c36a12a4f03d6d5a1834af9a79_s

今回小泉進次郎衆議院議員を中心とする、若手自民党議員20人が提案する政策提言は、いずれも多様な雇用形態や、ライフスタイルを前提とするものになっています。

そしてその提言の一部に下記記述があります。

・健診履歴等を把握し、健康管理に取り組んできた人への「健康ゴールド免許」付与による自己負担割合の減免

これが現在注目されている「健康ゴールド免許」の政策提言です。

健康ゴールド免許とは

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

健康ゴールド免許とは、健康管理に取り組んできた人へ付与する免許で、医療費の自己負担割合の減免されるメリットがあるようです。

普段の健康管理をしっかりしている人は、もし病気になった際でも、国が医療費を多く負担してくれるという事ですね。

確かにこの「健康ゴールド免許」を採用すれば、健康管理に気を遣う人が増え、結果国の医療費負担は減るかもしれないですね。

実に合理的なシステムだと思います。

しかしこの「健康ゴールド免許」には批判の声も多く聞かれるようです。

上記の内容は逆にいうと健康管理努力を怠った人には、医療費を多く負担するといった事になってしまいます。

結果「健康ゴールド免許」は、医療費の「価格差別」になってしまうのでは?という事のようです。

平等な医療

確かに「健康ゴールド免許」のシステムは、平等な医療とは言えないかもしれません。

しかし今後高齢化社会が進む上で医療費の問題は、解決しなくてはならない非常に重要な問題です。

スポンサーリンク

「健康ゴールド免許」は本当に必要なのでしょうか。

「健康ゴールド免許」がなくても、医療費負担の減免がなくても、国民一人一人が国の医療費負担を考え、健康管理に努めるのが理想ですが・・・。

それを考えると「健康ゴールド免許」は、なくても良いような気がしますね。

しかし「健康ゴールド免許」の採用もなく、医療費が増え続けていけば、今後は健康管理や健康診断の義務化なんて事もありえるのでしょうか。

医療費について解決しなくてはならない問題は山積みですね。

【過去記事】⇒第3回テレビ討論会!最後は支持率52%クリントン氏勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *