携帯

格安スマホのデメリットは保証?オプションを提供する動きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安スマホ

最近、格安スマホユーザーも多くなってきているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そんな格安スマホですが、最大のメリットと言えば、低料金でスマホが使える事です。

しかし格安スマホにも、デメリットが存在します。

それが故障した際の保証です。

実は格安スマホメーカーでは、保証オプションがない会社も存在するようです。

今回はそんな格安スマホの保証について検証します。

デメリットは保証

低料金が魅力な格安スマホですが、そんな格安スマホのデメリット一つに保証の問題があるようです。

大手携帯3社(au・ソフトバンク・ドコモ等)や、Appleなどでは保証プランがありますが、格安スマホでは保証プランがない場合も多いようです。

スマホ自体が高価な物であるだけに、いざ故障や破損した際の保険として、スマホ端末の保証問題は重要ですね。

保証オプションを提供する動き

しかし最近、ユーザーからの強い要望を受けてか、格安スマホメーカーで保証オプションを提供する動きが広がっているようです。

例えば格安スマホメーカーのLINEモバイルは、販売した格安スマホ向けの端末保証を、月額450円で実施しているようです。

また、イオンモバイルでも格安スマホ向けの保証オプション「イオンスマホ安心保証」を、月額350~450円で提供しているようです。

それぞれオプション料金の他に、交換時の負担金はあるようです。

上記の保証はほんの一部ですが、他にも自分でスマホ端末を用意した人向けの保証など、様々な保証プランがあるとの事でした。

スポンサーリンク

端末補償サービス

上記でご紹介した保証は、一部の格安スマホ会社で、他にも多くの会社で保証オプションは出していると思いますし、ユーザーからの要望や需要があれば、今後もどんどん保証プランは増えていくのではないでしょうか。

因みに各メーカーの保証でなくても、下記のようなスマホ・タブレット・PC等を対象とした、端末補償サービスも存在するようです。

困ったときの救世主!【端末レスキュー】

スマホは常に携帯するものです。

外出先や持ち運びの際のリスクを考えると、もしもの時のスマホ保証サービスは加入しておきたいですね。

【関連記事】
iPhone8の価格は!32GB版が廃止で10万円以上?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *