生活

2017年度介護保険の負担額増加か|いくら上がるの保険料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護保険料負担増加か

2017年度の現役世代が支払う介護保険料の見直しが検討されているようです。

スポンサーリンク

介護保険料の見直しを検討との事ですが、一体いつから変更される見通しなのでしょうか。

また介護保険料の負担は増えてしまうのでしょうか?

今回は介護保険と、変更後の介護保険料がいくら上がるのか、またいくら減るのかについて検証します。

介護保険制度とは

3f532ac3718e64ba61bd3f9f3e6e518d_s

介護保険とは将来自分が介護が必要になった時に、必要な介護やサービスを受ける事が出来るものです。

介護保険制度は、現在税金50%と保険料50%を財源としてまかなっています。

その為介護保険料は、40歳以上の国民が支払う事になっています。

そしてその介護保険料は年齢によって差はありますが、亡くなるまで保険料を支払う制度になっています。

これからの高齢化社会にはなくてはならないシステムという事ですね。

2017年度の変更

では2017年度に介護保険料が変更になるとの事ですが、いつからの変更を検討しているのでしょうか。

政府は2017年8月分から段階的に実施する検討に入ったようです。

では肝心の介護保険料はどう変更されるのでしょうか。

実は負担が増える人と減る人が出てきそうです。

保険料はいくら上がる

ではどんな人が負担が増えて、どんな人の負担が減るのでしょうか。

そして介護保険料はいくら上がり、そしていくら下がるのでしょうか。

まず大企業に勤める会社員らの介護保険料は徐々に上がっていくようです。

具体的には最終的に2019年4月分までには、平均月700円以上の負担増となるなる見通しのようです。

そして逆に中小企業の会社員らは月240円程度安くなる見通しのようです。

なので結論としては介護保険料は今回の変更で、大企業に努める人は負担増になり、中小企業に勤める人は負担減になるという事ですね。

スポンサーリンク

介護保険法

しかしこれを実行するには、介護保険法改正が必要になるようです。

政府は来年の通常国会に改正案を提出し、早期成立をめざすとの事です。

今回の変更では、大企業の人への負担が多くなるようですが、これはやはり大企業にお勤めの人の方が収入が高いからという事でしょうか。

【関連記事】
健康ゴールド免許とは?小泉進次郎や自民党議員の政策提言
国民年金滞納者の強制徴収対象者拡大!所得は350万円?

いずれにしても今後の高齢化社会をむかえる上で、切り離せなくなる介護の問題だけに、保険料も慎重に変更していった方が良さそうですね。

今後も介護保険料は高くなってしまうのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *