経済

シャープ人材流出!国内メーカーでOBが活躍するのはなぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープ人材流出

経営再建中のシャープからの人材流出がとまりません。

スポンサーリンク

現在シャープを退職したOBが、シャープ以外の国内メーカーで活躍している事実があります。

やはりこれまでシャープの技術を培っていた社員や技術者たちは、即戦力として他社から還元される傾向があるようです。

今回はシャープの人材流出について検証します。

シャープ人材流出の現状

シャープを退職したOBが国内メーカへ流出する動きが目立っています。

主にモーターを手掛ける日本電産は、元シャープ社員100人超を採用したとの事です。

そして農業機械などで有名なクボタは、約30人程を採用する予定との事です。

なぜ人材流出が

なぜこれほどまでにシャープの人材流出が、おきてしまっているのでしょうか。

シャープは現在経営再建中という事もあり、再建に向けたリストラが「世界で7000人に上る可能性がある」という話を耳にしました。

それが影響している事は間違いなさそうですね。

今年に入って台湾の鴻海(ホンハイ)傘下にはいる事が決まりましたが、それでもシャープ人材流出は止まらないようです。


【即納可】シャープ高濃度プラズマクラスター7000搭載加湿空気清浄機KC-30T5HEPAフィルター搭載!!【送料無料】

【あす楽】 シャープ 遠心分離サイクロン 掃除機 EC-CT12-C ベージュ系

受け入れ先

上記に加えシャープOBの受け入れ先が多い事も、シャープの人材流出を後押ししているのではないでしょうか。

もしシャープを退職しても就職先がなくては、シャープ社員も退職を決意しないと思います。

上記でも紹介した、クボタや日本電産、その他電機・機械メーカーなどにとっても、シャープのOBは即戦力になりうる重宝する人材だと思います。

シャープOBの受け入れ先が多いのも納得です。

シャープの今後

シャープは経営危機と言われていますが、その技術力や開発力に定評があるのは確かです。

ここでシャープの技術を培ってきた社員や技術者が、社外へ流出してしまうのは今のシャープにとって一番の痛手ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シャープも人材流出を食い止める為に、給与の一律カットをやめたり、大阪市の旧本社地区のビルを買い戻す事を決めたりと、対策はしているようです。

一時期、液晶テレビや日本家電の最先端をいっていたシャープの今後はどうなってしまうんでしょうか。

【関連記事】⇒超高級ウォークマンは30万円!なぜ高い?その価値はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *