経済

自動車関税の日本とアメリカの違い!トランプ日本叩きはなぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車関税

トランプ大統領が、TPPからの永久離脱を表明しました。

それと共に、日本の自動車貿易に対して閉鎖的だと批判し、日本を標的にする姿勢を鮮明にしているようです。

スポンサーリンク

なぜトランプ大統領はそんなにも、日本叩きをするのでしょうか。

また、現在の日本とアメリカの自動車関税には、どれぐらいの差があるのでしょうか。

今回は日本とアメリカの自動車関税の違いと、トランプ大統領の日本叩きについてです。

日本とアメリカの違い

では日本とアメリカの自動車関税の違いについてです。

2つの国には、どれほどの関税の違いがあるのでしょうか。

実は現在日本が海外からの輸入車に対して課している関税は、「0%」との事です。

それに対してアメリカは輸入車に対して、2.5%の関税をかけています。

つまり日本は自動車に対してまったく関税をかけていない状態なのに対して、アメリカは2.5%もの関税をかけている事になります。

なので現状の自動車関税でみれば、アメリカの方が有利な状況にあると言えると思います。

※現在の自動車関税の情報です。
また、関税は室内容積やシリンダー気筒数、車高によって変わる事があります。

トランプの日本叩きはなぜ

ではなぜトランプ大統領は、日本の自動車貿易を批判し、日本叩きをするのでしょうか。

これには賛否両論あるようです。

上記でも説明しましたが、日本では自動車関税がゼロの状況にあります。

そんな状況から見ると、トランプ大統領の考え方自体が、時代遅れではないかという人もいます。

またトランプ大統領が、公約を実行しているというアピールではという声もあります。

いずれにしても、トランプ大統領がこれらの状況を把握しているのか、もしくは計算やパフォーマンスなどを意識しているのかで、日本叩きの理由は変わってきそうですね。

TPP離脱

トランプ大統領は、TPPからの永久離脱を表明しました。

アメリカがTPPを継続すれば、自動車関税を最終的に撤廃しなければならないという状況になる可能性があります。

スポンサーリンク

アメリカ車を売りたいトランプ大統領としては、TPPを実行すれば良い状況とは言えなくなりますね。

そんな状況を回避するもくろみも、トランプ大統領のTPP永久離脱表明にはあるのかもしれません。

これから日本とアメリカの関係はどうなっていくのでしょうか。

そして日本にとって良い状況とはなるのでしょうか。

今後のトランプ大統領と日本政府の動きにも注目が集まりそうです。

【関連記事】
トランプ大統領はどんな権限を持つ?意外に無力な一面も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *