携帯

iPhone8の新機能とは!虹彩認証とワイヤレス充電か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone8新機能

iPhone8の発表を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

実はiPhone8に搭載されるのではと噂される新機能の情報が入ってきました。

そんなiPhone8の新機能についてですが、虹彩認証や、ワイヤレス充電の機能が搭載されるのではと噂されているようです。

またディスプレイについては、有機EL(OLED)が採用されるのではとも言われているようですね。

果たしてそんな虹彩認証や、ワイヤレス充電とはどんなものなのでしょうか。

またディスプレイの有機EL(OLED)とは?

今回はiPhone8の新機能と噂される、虹彩認証とワイヤレス充電、そして有機EL(OLED)ディスプレイについてご紹介します。

虹彩認証

今回新たにiPhone8に搭載されるのではと言われている、新機能「虹彩認証」についてです。

虹彩認証とは、生体認証技法の1つです。

目の虹彩部分で認証を行います。

簡単に言うと指紋認証は指の指紋で行いますが、虹彩認証は認証を目の虹彩で行う生体認証セキュリティシステムです。

そんな虹彩認証ですが、これまでサムスンのスマホや、Microsoftのスマホには搭載されていました。

なのでもし今回iPhone8に搭載される事になれば、iPhone史上初のセキュリティシステムになります。

ワイヤレス充電

今回iPhone8には、ワイヤレス充電の新機能が搭載されるのではと噂されています。

これまでのワイヤレス充電と言えば、ケーブルを使わず特定の装置に載せるだけで、スマホの充電が可能といったものがAndroid端末でありました。

しかしこのAndroid端末のワイヤレス充電は、現在減少傾向にあるようです。

その理由が、ワイヤレス充電機能を搭載する端末にはレシーバーの搭載が必要で、スマホ本体の厚みが増してしまうというデメリットがあったようです。

また、ワイヤレス充電は出力が小さく充電スピードが遅い事も指摘されていました。

それらが大きな要因となり、Android端末のワイヤレス充電は、現在減少傾向になってしまっているようです。

なのでもしiPhone8でワイヤレス充電の新機能が搭載されるのであれば、これらのデメリットが向上していれば、iPhone8のワイヤレス充電は使える機能になりそうです。

有機EL(OLED)ディスプレイ

最後に新しくiPhone8で採用されるのではと噂されるディスプレイ、有機EL(OLED)ディスプレイについてです。

もしもiPhone8で有機EL(OLED)ディスプレイが採用されれば、価格が1000ドルを超えるのではと言われているようです。

もちろん有機EL(OLED)にすれば綺麗な画像になると思いますし、そんなディスプレイに魅力も感じます。

しかし10万円を超える価格になっては、iPhone8を購入するのに躊躇する人も、多くなるのではないでしょうか。

デザインとiPhone7s

iPhone8のデザインについては、ガラスとスチール製のボディを採用するのは?とか、エッジがカーブした画面を採用するのでは?、そして物理ホームボタンを廃止にするのでは等、様々な噂があります。

スポンサーリンク

またiPhone8発表にあわせて、iPhone7sを発売するのでは?とも言われています。

果たしてiPhone8はいつ、どんな形で発表になるのでしょうか?

そしてiPhone7sも同時に発表するのでしょうか?

未だiPhone8の新機能やデザインに関しては詳細な発表がありませんが、iPhone8に関してや、今後のAppleの情報発表を心待ちにしていたいと思います。

【関連記事】
iPhone7格安SIM!ソフトバンクSIMロックの存在

※記事内の画像はイメージです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *