政治

日ロ首脳会談で北方領土返還の可能性|中国とトランプの影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日ロ首脳会談

12月15から16日にかけて、安倍首相とロシアのプーチン大統領が首脳会談を行います。

スポンサーリンク

安倍首相の地元、山口県の長門市で首脳会談を行うようです。

今回の首脳会談で一番注目されているのが、北方領土問題だと思いますが、果たして今回の会談で北方領土返還に至る可能性はあるのでしょうか。

また北方領土の2島だけでも返還という事はあり得るのでしょうか。

今回は日ロ首脳会談と北方領土問題について検証します。

北方領土問題

ではまず北方領土問題についてです。

北方領土とは、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々を指しています。

1945年に日本が敗戦し、ポツダム宣言受諾後に、旧ソ連軍は北方領土に上陸し占領しました。

そして現在に至るまで、ロシアの北方領土実効支配が続いています。

その北方領土を日本が返還を求めているのが、北方領土問題と言われています。

返還の可能性

今回ロシアのプーチン大統領は、来日前にインタビューを行っています。

そのインタビューでは、ロシアには領土問題は存在しないとコメントしていました。

これは領土問題を否定し、返還を拒否しているという事なのでしょうか?

また安倍総理大臣も以前、北方領土問題については「1回の会談で解決できるほど簡単でない」とコメントしています。

今回の日ロ首脳会談だけで返還を決めるのは難しいという事なのでしょうか?

中国の反発

北方領土問題の返還に関しては、中国の存在も関係していると見られているようです。

例えばもし北方領土返還についてロシアが合意した場合、ロシアは中国との関係について懸念しているようです。

中国はロシアにとって経済的に連携が深く、また軍事的にも連携が強い国です。

なので領土問題の譲歩を中国がゆるせないという立場をとれば、更に北方領土問題の解決は難しくなると言われています。

スポンサーリンク

トランプ氏の影響

トランプ氏がアメリカの次期大統領に決まった事もあり、ロシア側からしてみればトランプ氏の影響もあると思います。

それはアメリカ側のトランプ氏がロシアに歩みよれば、ロシアが日本と親密な関係を望まなくなる可能性も否定はできないからです。

【関連記事】
安倍首相が在職日数歴代4位に|これまで長く勤めた総理は誰

果たして今回の日ロ首脳会談で、北方領土の返還はあるのでしょうか。

また2島だけでも返還や、北方領土問題について歩み寄る事はできるのでしょうか。

今回は外交で定評のある、安倍総理大臣に期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *