自動車

原則ハイビームで事故を減らす!最新技術がすごい事に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイビーム

歩行者の夜間横断中の事故。

そのほとんどが、車のライトがロービームである事をご存じですか。

スポンサーリンク

本日から秋の全国交通安全運動がはじまります。

その重点項目として、ハイビーム使用が上げられているようです。

その理由は、歩行者の夜間横断中事故のほとんどがロービームであった事と、その事故の中にはハイビームを使っていれば防げた事故も多数含まれていたという調査結果によるものです。

今回はそんなハイビームの重要性についてです。

ハイビームとロービーム

9dd8d7ca519fd3e1ca31e98f33a4e165_s

そもそもハイビームは走行用、ロービームはすれ違い用と用途が分かれている事を知っていますか?

ハイビームは走行用という分類通り、通常夜間走行する場合はハイビームが原則となります。

そこで対向車がいる場合や、車両の後ろを走るときだけロービームの使用が認められているという事になる訳です。

因みに上記は、道交法でそのように解釈が出来る為、ハイビームとロービームの切り替えを適切に行わなければ、違反・罰則の対象となる恐れがあります。

気を付けて走行しましょう。

ハイビームが危険の声も

しかしドライバーの方は、対向車や後ろの車のハイビームの影響で危険な目にあった事はないでしょうか。

対向車のライトが眩しく、歩行者や他の車の存在に気付くのが遅れたり、後ろの車のライトがバックミラーやドアミラーに反射して気を取られる場合もあると思います。

だからこそ、ハイビームとロービームの適切な切り替えが必要なんですね。

最新技術がすごい

最近は自動車メーカー各社でハイビームとロービームを、自動で切り替えるシステムを採用していたりします。

そのシステム自体もすごいですが、更に進化したシステムをAudiが採用しています。

対向車を照らす部分のみロービームにする、「マトリックスLEDテクノロジー」です。

そして日本メーカーも負けていません。

マツダが、同じようなシステムで、「ALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)」というものを採用しているようです。

このシステムは、フロントガラスに設置したカメラで対向車を検知して、照射範囲をコントロールしてくれるようです。

やはり最新のシステムはすごいですね。

事故を減らす

やはり夜間の事故を減らすには、車のヘッドライトの使用方法がとても重要になってくる事は、あきらかです。

通常夜間走行の際はハイビームが原則という事を意識して運転したいですね。

また切り替えのタイミングも重要です。

遅すぎず、早すぎずがベストですね。

そして最新技術の普及にも期待したいです。

きっと事故の減少にもつながると思います。

スポンサーリンク

特に雨の日は、ロービームだと制限速度以下で走っていても、歩行者の存在に気付くのがおくれます。

適切なヘッドライトの使用を心がけましょう。

【関連記事】⇒痛車で教習!?初音ミクで自動車学校が若者車離れ対策か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *