ニュース

平成30年で年号が消える?天皇の生前退位!次の年号は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年消える年号

平成30年で平成という年号が終了する可能性が出てきました。

スポンサーリンク

天皇陛下の「お気持ち」ご表明を受け、政府は来年中にも「生前退位」に向け法整備する方針で検討しているようです。

今回はそんな天皇陛下の「生前退位」と平成30年について検証します。

※2017年1月10日追記
政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)から新元号とする方向で検討に入ったようです。
国民生活への影響を最小限にする為、元日の譲位が望ましいと判断したようですね。

具体的には、平成31年元日に、国事行為である「剣璽(けんじ)等承継の儀」(三種の神器等引き継ぎ)と「即位後朝見の儀」(三権の長らの初拝謁)を行い、新元号を発表する方向で検討しているとの事でした。

平成が30年で終わり、平成31(2019)年1月1日から新元号になる事が、現実味をおびてきた形となります。

生前退位で平成が終了へ

今回天皇陛下の「お気持ち」ご表明を受けた事によって、平成30年の「大嘗祭」を政府が検討しているようです。

「大嘗祭」とは、天皇陛下から皇太子さまへの皇位継承に伴う重要な儀礼です。

天皇が変わる為に行う儀礼という事ですね。

平成30年に皇位継承

上記でも触れましたが、平成30年に皇位継承を行うという事で、政府は「大嘗祭」を平成30年に行う方針です。

具体的には平成30年の11月に「大嘗祭」を行う事を検討しているようです。

なので予定通りになれば、平成31年は存在しないという事になりますね。

しかし平成30年に実施するようにするには、来年の通常国会で法整備を行わなければ、間に合わないとの事でしたので、はたして法整備は間に合うのでしょうか。

お気持ち

天皇陛下はお気持ちの発表の際に「2年後には平成30年を迎えます」など、30年という節目を意識している内容が一部に含まれていました。

天皇陛下もきっとこの平成30年という節目を意識しているのでしょう。

なので政府も今回の平成30年に向けての法整備を検討しているのではないでしょうか。


【古銭】 明治・大正・昭和 近代コイン 銀貨入り25種類セット (近代コインセット)【銀貨入り】

【古銭文献】 穴銭カタログ日本 石川諄著 【 送料無料 】

平成の次の年号

現在の政府の予定で法整備が整い、天皇陛下の「お気持ち」通り平成30年で皇太子さまへ皇位継承となった場合、恐らく平成という年号は変わってしまうでしょう。

平成がなくなった場合、次の年号が気になりますね。

そして将来は平成は、昭和のように古い年号という意識がついていくのでしょうね・・・。

スポンサーリンク

もしも平成30年から少しでもずれ込み、平成31年に入りすぐ皇位継承になったら、平成31年の年号が入ったものはものすごく貴重な存在になるでしょうね。

たとえば昭和64年のように。

しかし今回は、天皇陛下が生前退位との事なので、恐らくは節目の時に皇位継承になると予測されますね。

いずれにしても平成という年号が消えてしまうのはやっぱり寂しい気がします。

【過去記事】⇒ボブディランの名曲がCMで!日本の意外な有名CMに使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *