暑さ

NASAが発表「2016年は史上最も暑い年になる」。日本の夏も暑くなるの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の夏

今年は猛暑と噂されています。

今年の夏は暑いんでしょうか?

NASAで、「2016年は史上最も暑い年になる」との発表がありました。

スポンサーリンク

NASAの発表

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、4月の世界の気温と海水温が観測史上最高を記録したことを発表した。このまま推移すれば、2016年の年間平均が記録を更新し、「史上最も暑い年」となる可能性がある。

NASAの気象学者ギャビン・シュミット博士は5月14日、「4月の観測結果からすると、99%の確率で2016年は観測史上最高になる」とTwitterで指摘した。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/18/nasa_n_10038824.html より引用

世界的に猛暑になりそうですね・・・。

日本の気象情報

肝心の日本の気象はどうなんでしょうか?

予想される向こう3ヶ月の天候(2016年06月~)
平均気温は、北・東日本で平年並または高い確率ともに40%、西日本で高い確率50%、沖縄・奄美で高い確率60%です。降水量は、北・東・西日本で平年並または多い確率ともに40%です。

http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/001_10.html より引用

気象庁では、6~8月にかけて気温が高い確率が40~50%との事。

40~50%?うーん、、、およそ半分の確率で暑くなりそうということですかね。

とにもかくにも、暑くなりそうであれば事前の暑さ対策は重要です。

そこで夏が来る前、部屋の暑さ対策についてまとめました。

暑さ対策

60e8c977aed700d1989ddf6019ccde79_m

・すだれの設置
ただつけても効果がうすい事があります。

窓に垂らすだけでは、ベランダや地面から熱が伝わってきますので、斜めに設置し、ある程度地面やベランダも覆うように設置すると、より効果があると思います。

また、エアコンの室外機が影になるようにできれば、エアコンの能力もあがります。

183866

・エアコンのクリーニング
エアコンのフィルターを掃除する事によって、よりエアコンの能力が発揮できます。

・扇風機の配置を考えておく
空気の流れを作ることで外気を多く取り入れることができます。
一般的には空気の出口に向かって設置すると良いようです。

・グリーンカーテンの設置
植物を置いて部屋に入る日光を遮ります。

・夏グッズを準備しておく
ひんやりマット等最近は多くの商品がありますので、夏本番まえに買い揃えておいてほうがいいかもしれません。

実際猛暑になると、この手の商品や、扇風機、エアコンは品薄になる傾向があります。

※部屋の内外に物を設置する際は、防犯上の問題も考慮する必要があります

これで乗り切る快適夏グッズ

快適まくら

こちらは重力を忘れさせてくれる枕です。

ぜ夏対策グッズなのかというと、通気性がよく熱籠りがない枕なんです。

丸洗いも可能で、速乾性があるのでいつでも清潔に使えます。

寝心地は、「沈む」のではなく、「浮く」心地良さ。

そしてまるで水に浮かんでいるような、空を漂っているような浮遊感。

寝苦しい熱帯夜の必需品です。

確実に値段以上の価値があると思います。

万が一通常使用において3Dポリゴンメッシュが未使用時にくらべ10%以上ヘタった場合、購入時から7年間は無償で修理交換する保証がついています。

冷却マット

冷却マットといっても、ジェルマットだとすぐに暑くなりますよね。

エアコンつけっぱなしだと翌朝のどが痛いなんてしばしば・・・。

でも熱帯夜は我慢できない!

そんな時は水循環マットがお勧めです。

熱中症対策になりますし、省エネで経済的で、更に健康的です。

ひんやりタオル

夏にタオルは欠かせません。

そんな夏に必需品な冷却タオルはこちらがお勧めです。

ソフトな肌触りで、乾いてもゴワつかず、 2010年の発売以来の大ヒット商品なんです。

水だけでひんやり快適なCCT冷感タオルです。

値段も安く何回も使えるので経済的です。

夏本番はこれから

これからが夏本番になります。

すでに暑くて夏バテぎみになっている人もいるのではないでしょうか?

夏に負けないように、夏対策は万全に準備して、夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *