睡眠

変わる昼寝の価値観、学校企業が仮眠導入!昼寝の質と効果と環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学校昼休みに昼寝

兵庫県加古川市の中学校で、昼休みに仮眠を取る「加古川シエスタ」が始まったとのニュースを耳にしました。

スポンサーリンク

シエスタとは、スペインなどで伝統的に行われている昼寝の事を指すようですね。

今回の取り組みを行ったのは、この昼寝をする事で午後からの授業や部活動の集中力を高める事ができ、さらには電気を消すので省エネも期待できるとの事です。

すごい取り組みですね。

ひと昔前は、昼休みといえば体育館や校庭で遊ぶイメージでしたが、昼寝を推奨なんですね。

確かに昼寝(シエスタ)をする事で集中力を高めたり、省エネができる事は良い事です。

睡眠不足が日常化している現代では睡眠不足の解消にも繋がりそうですね。

そこで昼寝をとることで、どのぐらいの効果が期待できるのか調べてみました。

昼寝の効果

昼寝では様々な効果が期待できます。

  • 集中力アップ
  • 記憶力の向上
  • 学習能力の向上
  • 精神的な安定
  • 疲労回復
  • ストレス解消

ざっとあげても上記の効果は期待できるようですね。

特に記憶力や学習能力の向上は学生にとっては必須ですね。

これまで学校が昼寝の取り組みをしなかったのが不思議なぐらいです。

そして、昼寝には心臓病やアルツハイマー病になる確率が下がるとの研究結果も発表されているようです。

すごいですね!昼寝効果!!

普及する昼寝

7662cc15f1d2d910dff6e793cd27f9d9_s

厚生労働省も推奨しているだけあって昼寝は普及しつつあるようです。

学校だけではなく、企業でも取り入れているところもあります。

昼寝をする事で精神の安定や集中力などがあがり、結果仕事の効率があがるなら企業側も是非取り入れたい制度ですよね。

企業の中には、休憩中に昼寝ができるように昼寝専用のスペースを設けている会社もあるようです。

更には、仕事中の昼寝を容認している企業まであるようですね。

ところで自宅での睡眠はどうでしょうか?

質の良い睡眠はとれていますか?

昼寝も大事ですが、長い睡眠をとる自宅の睡眠も大事です。

実は自宅の睡眠には枕が非常に大事な役割をもっています。

質の良い睡眠に枕は欠かせない存在なのです。

因みに下記は私のお勧め枕です。

夜眠れない方は、ぜひ試してみる事をお勧めします。

こちらの枕は寝心地が沈むのではなく、浮く心地良さです。
まるで水に浮かんでいるような、空を漂っているような浮遊感が特長の枕です。


こちらは良質な眠りが手に入る3つの要素(静かな空間、光が入らない空間、適度な閉塞感)があるドーム型枕です。

質の良い昼寝と環境

4213e5a89a3d59288e018af3a83c3a2c_s

 

昼寝効果はすごいですね!

通常の夜の睡眠に比べ約3倍の効果があるといわれています。

昼寝ははあまり寝すぎるとよくないようですね。

10分から20分が最適といわれています。

そしてなりより、リラックスした状態と環境が最も質が良い昼寝ができるようです。

例えば、靴を脱げる環境であれば脱ぐ、暗い静かな場所で仮眠をとる。

その環境がなければ、アイマスクや耳栓などの道具を使うのも良いかもしれませんね。

自宅での夜の睡眠は枕が大事ですが、昼寝は環境が大事なようです。

変わる昼寝の価値観

眠くなれば寝てもおこられない環境になりつつあるんですね。

昼寝に対する価値観が変わってきている証拠です。

今後もどんどん昼寝を取り入れる、企業や学校が増えていきそうですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *