食品

若者がガム離れ?面倒くさいお菓子?ガムの売り上げが減少中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者のガム離れ

最近ガムの売り上げがこの10年間で4割も落ちているとの事です。

スポンサーリンク

いったいなぜなんでしょうか?

そこには若者のガムの存在が、面倒くさいお菓子として認識されている現状があるようです。

今回はガムの売り上げについて検証してみました。

ガムの売り上げ

ガムの売り上げは年々減少傾向にあるようです。

なんでもガム売り上げのピーク時は2004年で、小売額が1881億円もあったとか。

それから年々減り続け、現在は1113億円まで減少しているようです。

約12年間で約700億円も売り上げが落ち込んでいるんですね。

若者はガムが面倒

ガムの売り上げが減少している原因の一つとして、若者がガム離れが背景にあるようです。

高校生には「ガムはおいしいけれど面倒くさいお菓子」という認識があるようですね。

しかしそれだけなんでしょうか?

まだガム売り上げ減少の原因がありそうな気がします。

タブレット菓子の存在

最近タブレット菓子を良く見かけます。

フリスクやミンティアが人気ですよね。

ガム売り上げ減少の原因に、このタブレット菓子などの影響もありそうです。

なぜならタブレット菓子はガムに比べて捨てる手間がありません。

そもそもガムは気分転換や眠気覚ましに何気なく食べるものです。

その手間がかからない気軽に食べれるタブレット菓子が売れるのも分かる気がします。

この辺の理由も若者のガム離れの原因になっていそうですね。


【あす楽】【キシリトール100%は歯科専売品だけ】ロッテ キシリトールガム ボトルタイプ 90粒×4本セット【02P01Oct16】

ガムのメリット

しかしガムには噛むという最大のメリットがあります。

噛む・噛み続けるという行為は、歯の清浄や美容効果、顎の強化、脳の活性化、リラックス効果など様々なメリットがあります。

スポンサーリンク

しかし若者の面倒くさいお菓子という言い分も分かります。

ですが、最近は美味しいシュガーレスのガムも沢山出ていますので、歯の健康・美容の為に、たまにはコンビニなんかでガムを手に取ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】⇒フリスクが20%増量サイズ変更へ!イベントに優木まおみも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *