経済

燃油サーチャージ2017年から復活|円安と燃料価格が原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燃油サーチャージ復活か

燃油サーチャージが、来年の2017年から復活する見通しのようです。

スポンサーリンク

なぜ燃油サーチャージが復活し、そしていつから適用になるのでしょうか。

また燃油サーチャージが復活する原因とは?円安が原因?

今回は2017年から復活する見通しの、燃油サーチャージの時期、理由について検証します。

燃油サーチャージとは

9f6cb09986ad0ce18f9a44410eb87a22_s

そもそも燃油サーチャージとはどんなものなんでしょうか。

ご存知の方も多くおられると思いますが、燃油サーチャージとは通常の運賃の他に、別に徴収される料金の事を言います。

燃料価格の急激な変動に対応する為に設置されました。

その燃油サーチャージの料金は、航空会社や行先により異なります。

多くの航空会社の燃油サーチャージは、2ヶ月に1度のペースで見直しを行っているようです。

2017年から復活

今回燃油サーチャージが復活となるようですが、具体的にはいつから、どこの航空会社や渡航先で燃油サーチャージが適用になってしまうのでしょうか。

いつから

燃油サーチャージの開始時期についてですが、2017年の2月から復活する見通しになっているようです。

対象の航空会社と行先は

現在のところANAや日本航空の便が対象になるようです。

北米やヨーロッパ行きが片道3500円、そしてハワイ行きが片道2000円を予定しているようです。

※上記の情報は2016年12月現在の情報です。航空会社や渡航先・料金については変動する可能性があります。

スポンサーリンク

円安と燃料価格

なぜ今回燃油サーチャージの復活が予定されてしまっているのでしょうか。

やはり為替相場の円安が原因の一つとなっているようです。

円安が進む事で、航空燃料価格が高騰してしまっているようですね。

更に先日ニュースで、OPEC総会での原油の減産合意が発表されたという情報も耳にしました。

OPEC総会原油の減産合意についてはこちらから
今後のガソリン価格はどうなる|OPEC総会で減産合意

果たしてこういった世界の原油事情も燃料価格に影響してくるのでしょうか。

そして今後も円安は進んでしまうのでしょうか。

これ以上燃油サーチャージ料金が高くならない事を望みます。

【関連記事】
2016年イクラや筋子の価格が高騰|値段が上がる原因は
2017年度介護保険の負担額増加か|いくら上がるの保険料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *