科学

サイコロの出目は一定確率なのか?一番出やすい目は?精度の高いすごいサイコロがある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイコロの出目の確率

サイコロの出目は一定確率ではないのを知っていますか?

実はサイコロの目は若干ではありますが、一番「五の目」が出やすいらしいのです。

実際にサイコロをふる実験をテレビで実践してました。

スポンサーリンク

そうしたところ、確かに若干5の出目が多かったという結果になりました。

なぜ!?

それは5の面が一番軽いからです。

普通、物理的に考えてサイコロをふった時に重い面が下にいきます。

なので一番5が出やすいということになります。

なぜ軽い面があるの?

546d1d4e047fca13a714e4fffe436d41_s

では、なぜ5の面が一番軽いのでしょうか?

これは、単純に5の面が一番削られている量が多いからです。

一般的に売られているサイコロは、サイの目を削ってから塗装しています。

なので、削っている面が多い方が当然軽くなります。

ここで疑問が出ます。

では6の目のほうが数は多いのでは=削られている量も多いのでは?

実は、6の面は、小さな黒い点だけなんです。

5の面は小さな黒い点の他に、赤い大きな点(1の目)があります。

なので↓

6の面=小さな黒い点が6個

5の面=小さな黒い点が4個+赤い大きな点

この「赤い大きな点」が黒い点2個分以上あるので、結果5の面が一番削られている量が多く、軽いという事になります。

なので、サイコロの目の出る確率は一定ではないんです。

※今回は表面の削り処理をしているサイコロを例としているので、表面の削り処理をしていないサイコロや、インクだけでサイの目を書いてるもの、極端に精度の悪いサイコロなどは、あてはまりません。

誤差のないサイコロの存在

5eaa173f562dbdf70f53982bd1cc8858_s

ちなみにこのサイコロの出目の一定確率を追及した、出目の誤差がないすごいサイコロが売られているようです。

こちらもテレビで紹介されていました。

最高級チタン製で2個で51,300円との事です。

え!こんなの買う人いるの!?と思いましたがいるようです。

スポンサーリンク

およそ4000個販売されているとの事です。

購入者は、企業で購入したり、研究用として購入される方が多いようですね。

インターネットで調べた所、某通販サイトでは、

ALEXCIOUS のサイコロ 2個セット 通常版が¥21,280で売られていました。

こちらは状態、精度の程はわかりません。

机上の計算だけでは成り立たない

これまでサイコロの目は6分の1と教わってきました。

確かに計算上はそうなんですが、実際やってみると計算通りにはいかないもんなんですね。

もちろん今回は製造精度の差や重さの違いでしたが、計算した事を実証するのは意外と難しいものなんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *