暑さ

冷却マットは夏の必需品!冷却持続のジェルマットすごさ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷却マットは夏の必需品

全国で梅雨明け宣言です!

今年の夏は猛暑になりそうですね。

今回は夏を乗り切るための、快適冷却マットについてです。

スポンサーリンク

冷却マットの必要性

フレーム2「動物」

冷却マットとは敷くだけでひんやり感を得れる、夏の快適便利アイテムです。

冷却マットには様々なメリットが存在します。

電気代がかからない

電源を使わないので電気代がかかりません。

よって節電になります。

エアコン使用を減らせる

エアコンには副作用があります。

エアコンを使用すると、外気との温度差を生み出します。

外気との温度差を作りすぎる事によって、自律神経が乱れやすくなると言われています。

そして過度な温度の低下で倦怠感やだるさを引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

更にエアコンは湿度も低下させます。

適度な湿度の低下であれば、快適性があり心地よく、ストレスを感じない生活を送る事ができます。

そして室内のカビの繁殖を抑えるメリットもあります。

しかしエアコンで過度に除湿すると、空気の乾燥により人体に影響を及ぼす恐れがあります。

エアコンをつけっぱなしで、喉がカラカラになる事はないですか?

冷却マットはそんな経験がある人や、エアコンが苦手な人にこそ必需品のアイテムではないでしょうか。

熱帯夜に活躍

上記でも説明したとおり、就寝時の場合もエアコンの使用はお勧めできません。

しかし寝苦しい状態を放置すると、ストレスによる障害や熱中症になる危険性があります。

エアコンを使わず涼しい快適性を維持する事が大切なんです。

そこで活躍するのが冷却マットです。

冷却マットは下に敷いて就寝する事で、適度な冷却感を得れて心地よい睡眠をとる事が可能です。

子供やペットにお勧め

急な温度変化をさせない為、赤ちゃんから子供、ペットにも安心して使えます。

冷却マットの短所

172917

冷却マットにもデメリットは存在します。

冷却感がない

エアコンに比べると冷却効果は薄いです。

持続性がない

最初はひんやりしている冷却マットですが、使用するにつれてひんやり感はなくなっていきます。

それは冷却ジェルが熱を吸収してしまうからです。

就寝時は快適なのに朝になると汗だくだった・・・なんてこともよく聞きます。

洗えない

すべての冷却マットに言えるわけではないんですが、丸洗いできない物も多々存在します。

夏に使用する寝具として、洗えないのは致命的ですよね。

冷却持続ジェルマット

499499

上記でご紹介したデメリットを補った、お勧め冷却マットがあります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クリックすると拡大画像が確認できます。

それがスピードクーラーです。

この冷却マットのすごい所は、塩を原料とした特殊冷却ジェルを使用していて、通常の冷却マットより高い冷却効果を持っているという点です。

その冷却効果は通常の冷却マットの約3倍との事です。

更に、結晶化した状態から水溶化まで4~8時間かかるので冷却効果が就寝から朝まで持続します。

そしてこの冷却マットは丸洗いOKなんです。

他にも、冷蔵庫での冷却の必要もなく敷くだけですぐに使える手軽さも魅力の一つです。

ただ人気商品の為、現在は予約販売になっているようです。

ひんやりマット 敷きパッド 冷感 冷却マット クールマット 90×140 敷パット洗える 防水 クール 接触冷感 冷感寝具 クールパッド 冷却ジェルマット スピードクーラー ひんやり

水循環冷却マット

 

118580

ジェルマット以外に水循環マットというのも存在します。

15~48℃の水温調整が可能です。

ジェルマットと違い、温度の保持が可能という点がすごいです。

そして設定温度の幅が広いので、冬も使えるのが魅力的です。

ただジェルマットと違い電気代は発生するデメリットがあります。

しかしエアコンと比べると夏で1/4程度なので、エアコンよりはかなり経済的です。

健康的に夏を過ごすには非常に良いアイテムだと思います。

冷却マットで健康的な夏

213256

いかがでしたでしょうか。

夏に冷却マットは必需品ではないですか?

熱帯夜にエアコンをつけっぱなしで寝て、起きた時の倦怠感やだるさ、喉の痛さを経験している方は多いと思います。

しかしエアコンなしで熱中症のリスクを考えると、やはり対策は必要ですよね。

そこでぜひ今回の冷却マットを活用してみて下さい。

夏バテ・熱中症にならないように健康的な夏をすごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *