政治

韓国のデモでロウソクを使う意味は|消灯で暗闇を演出する訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デモのロウソク

韓国では現在、朴大統領辞任を求め、大規模なデモが起きています。

スポンサーリンク

11月26日のデモでは、雪が降る天候にも関わらず、最大で130万人程が参加したようです。

そして午後8時になるとロウソク消灯する演出もあったようですが、そもそも韓国のデモではなぜロウソクを持ってデモに参加しているのでしょうか。

またロウソクを消灯し暗闇演出する訳とはなんなのでしょうか。

今回は韓国のデモとロウソクの関係について検証します。

ロウソクを使う理由

da6f20734267491be8a456eac57ff686_s

テレビなどでデモをしている様子を見ると、ほとんどのデモの参加者が、ロウソクやキャンドルのような物を持ってデモに参加しています。

なぜロウソクを持っているのでしょうか。

韓国ではこれまでもロウソクを持ってデモをしてきた過去があります。

2002年以降に始まり、政治的、社会的問題が発生した場合、デモとしてロウソクを灯し集結するようになったようです。

なのでロウソクを持ったデモは、今回だけではないという事ですね。

ロウソクの意味

ロウソクには下記のような意味があるようです。

平和、結集、訴え、怒り、犠牲、追悼等々・・・。

他にも沢山の意味があると言われていますが、今回は結集や訴え、怒りの意味が強いように感じますね。

消灯で暗闇を演出する訳

今回の朴大統領の辞任を求めるデモでは、午後8時にロウソクを消灯する演出があったようです。

これは現在の韓国の暗闇を表現しているようです。

午後8時前にカウントダウンが始まり午後8時に消灯、そして現地では消灯時に合わせ、車のクラクション等も鳴り響いたと言われています。

また自宅でも部屋の電気を消すなどの行動もみられたようです。

スポンサーリンク

今後の韓国

現在韓国では、朴大統領の辞任を求める動きの中、国会での弾劾訴追案採決も迫っています。

またその弾劾訴追案採決する前に、朴大統領自ら辞任・退陣を宣言すべきだという声も多く上がっています。

果たして朴大統領自らの辞任はあるのでしょうか。

【関連記事】
朴大統領に支持派が存在するのはなぜ|北朝鮮の存在も影響か

それとも弾劾訴追案採決に持ち込んでしまうのでしょうか。

韓国は今後の動きにも目が離せない状況が続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *