仕事

ブラック企業を面接で判断!良い悪い会社を見極めるチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック?面接前に判断!

就活している時に、就職先が良い会社か、悪い会社か判断する事はとても大事な事ですよね。

入社する前に判断したいところです。

スポンサーリンク

会社の評判なんて口コミサイトで十分って思っている人もいると思います。

しかし世の中には求人サイトに掲載されていない会社も山ほどあります。

そして口コミが存在しない事もしばしばです。

地方にお住まいの方なら、そんな経験多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんな就職先の会社判断について書いていきたいと思います。

面接前が一番大事

 

 

8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_s

実は面接前(応募前)の会社の確認作業が一番大事です。

それはもし面接や入社試験に行ってしまった場合、多少会社の印象が悪くても合格・採用されれば、悪い印象が薄れてしまうからです。

それに採用の連絡や通知がきたら、断りにくくなりませんか?

再就職や転職に苦労している方ならなおさらだと思います。

そんな人は採用されて勢いで、嫌な雰囲気だと思う会社に入社する可能性が高いです。

その現象が一番危険なんです。

なのでまず応募する前にブラックの傾向がないかをチェックしましょう。

入社前確認でブラック回避

03b7a79e1a784e7716e40745462e85e3_s

まずは求人状況の確認です。

いつも募集が出ている求人は危険です。

単純に人員不足の職種なら良いのですが、人の出入りが多い可能性が大きいです。

入社してもすぐに辞める人が多いって事です!

ハローワークなどを利用している場合は、いつ開始された求人か確認しましょう。

しかし求人票には期限があります。

スポンサーリンク

一定期間求人が出ていると、期限切れで再度更新されてしまいます。

なので求人が開始された時期の判断がつかなくなる場合があるんです。

そこで念のためハローワークの人に、どのぐらいの頻度で出てる求人か聞いてみる事をお勧めします。

また、ハローワークではその求人に何人応募しているかの状況を教えてくれるので、その数字も参考になると思います。

多い人数が応募してたら人気のある会社のサインになりますね。(しかし倍率は高い事になりますが・・・)

もしハローワークに定期的に求人票を見に通っている友人や知り合いがいたら、情報を聞くのも良いと思います。

とにかく手あたり次第に応募するのはやめた方が良いです。

ここで多くの情報を集めましょう。

見極めるチェックポイント

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

応募する会社がきまったら、試験や面接で入社する会社に出向く事になると思います。

そこでの会社の良い悪いを見極める為の、チェックポイントをお伝えしておこうと思います。

受付の対応

単純に受付対応の確認です。

面接や試験の時点では、まだ入社していないので会社側はお客様として応対するはずです。

なのでそこで不愛想な応対や、入社志望の人だから客じゃないって対応では、一般常識がないブラックの可能性が高いです。

社内の環境

71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_s

まず汚い会社は論外です。

絶対にやめた方が良いと思います。

そして会社に入ったら社員を見た方が良いです。

現場やオフィスで実際に業務している人は見れないかも知れませんが、事務や管理部の人はまれに見かける事もあります。

その時挨拶がない会社は、ちょっと疑った方が良いです。

私が以前勤めた会社で、まったく挨拶の風習がなく暗い会社に就職してしまった事があります。

挨拶がないと自分も挨拶をしなくて良いから楽って思いますか?

暗い・挨拶なしの風潮は、人間関係にも影響します。

こそこそ悪口を言っているような会社はいやですよね?

待ち時間

db488d12822fe9aa1c4080df614e0b70_s

もちろん会社側から指定された時間に行くわけですから、時間を過ぎて待たされるのはおかしいです。

またアポイントを取っている時間から大幅にずれる場合は、その会社の業務が膨大な可能性もあります。

忙しくて面接官の時間が押している可能性があるからです。

タイムマネジメントができてない会社にはブラックな傾向があります。

時間の管理は大事なチェックポイントです。

あと他に、待ち時間で大切なチェック項目があります。

待ち時間はだいたい静かな会議室や廊下で、一人で待つことが多いと思います。

この時に社内で人の声が聞こえる事があると思います。

まれに怒鳴り声が聞こえたりする会社もあるので、待ち時間でもきちっと会社チェックをしましょう。

怒鳴り声が聞こえたら、それは将来の自分の姿かもしれません。

面接官の対応

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

面接官の対応は非常に重要なポイントです。

圧迫面接する会社は回避した方が無難でしょう。

それは圧力をかけて人を判断するという事は、普段の業務でも圧力が強い傾向がある可能性があります。

それに圧力に耐えれる人材を探しているのなら、その会社に強いプレッシャーが存在している事を面接官が教えているようなものです。

そして他に大事な事は、面接担当者の立場です。

現場担当者が面接官の場合は、現場主義の傾向があると思います。

なんでも現場で解決、現場の意見が通りやすい風通しの良い会社かもしれません。

しかし現場が強いのは良いんですが、上司や役員の管理能力が低く、責任までも現場まかせの可能性があります。

逆に役員や社長など比較的現場から離れている上の人しか面接官にいない場合は、トップダウンの風潮が伺えます。

人員を決定する際、現場の意見を取り入れないという事は、上司が絶対の関係があるのかもしれません。

理想の面接官は現場1人、管理職2人ぐらいでしょうか。

求人票と違う

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

求人票と面接で言ってる内容が違ったら要注意です。

ブラックの可能性が高いです。

そんな会社はあきらめるか、もしくは納得いくまで面接で聞きましょう。

求人票の内容と異なる雇用契約書にサインしたら、その条件を承諾した事になります。

注意してください。

小さい会社よりも大きい会社

f5797e74f4083c26c14292acc56926af_s

基本的に小さい会社よりも大きい会社の方が良いと思います。

企業が安定しているからとか、給料が良いとかそういう意味ではありません。

確かに待遇が良いにこしたことはありませんが、重要なのは自分の味方がどのぐらいいるかです。

大きい会社は、同じ時期に数人入社する事がめずらしくありません。

同期という存在が出来るんです。

この同期入社した人の存在はかなり大きいです。

精神的に心強いです。

実際に自分もかなり同期に救われました。

悩みや仕事の愚痴を言える人を作れる環境が本当に大切です。

重要まとめ!

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

だらだらと書いてしまいましたが、一番重要なのはとにかくあせらない事です。

ここの面接を受かったから、他はいつ受かるかわからないから、だからちょっと嫌な感じでも入社・・・

というのは本当にやめた方が良いです。

もし面接を受けた後、採用通知がきた後でも嫌な予感がしたらはっきり断りましょう。

選ぶ権利はこちら側にもあります!

嫌な予感・感じというのは本当に良く当たります。

そしてこの会社は大丈夫!嫌な会社じゃないって思っても私の経験上、まず嫌な会社の方が多いです。

そんな事をいってはもう就職が出来なくなってしまうんですが、とにかく嫌だったらすぐに辞めましょうという事です!

入社後に、変?なんか違う!とんでもなく嫌な会社だった!ブラックだった!と思ったらすぐに辞める事をお勧めします。

5110fd4bd7ca3437d53e6f4d6cd1406e_s

我慢して続けて数か月後に退社は、企業にも自分にもダメージが大きいです。

嫌なまま続けて精神的な病気になってしまう人も多くいます。

嫌な会社に就職しちゃって普通なんです。

それが良い自分にあった会社ならそれは幸運です。

なのですぐに辞めても普通なんです。

1回ですぐに自分にあった会社を見つけるのは、ダイヤモンドを探すようなものです。

長く勤めようとする会社を探しているなら、その幸運を掴むまであきらめずにチャレンジしましょう。

就活がんばりましょう!

※この記事には個人的な主観や経験談が多く含まれていますので、必ずしもすべての会社の判断基準にあてはまる訳ではありません。

仕事を休む時に使える理由!病気や葬式はNG?3日目は精神病のサイン?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *