自動車

トヨタが新技術!アルミテープで走りが変わる仕組みと効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルミテープ

トヨタがアルミテープによる新技術を発表しました。

スポンサーリンク

トヨタが発表した新技術は、アルミテープによるものです。

アルミテープ貼るだけで走りの性能が変わるとの事。

そのアルミテープを装着させた対象車が、2ドアスポーツクーペの「ハチロク」です。

86のマイナーチェンジに合わせてその技術を採用したようです。

今回はトヨタが開発したアルミテープの新技術について仕組みや効果を検証します。

アルミテープで走りが変わる


そのアルミテープを使った新技術とはどんなものなんでしょうか?

なんとアルミテープを貼る事により、空力コントロールするというもののようです。

空力コントロール?と思う方もおられると思いますので、詳細を調べてみました。

車体の電気を放出

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

車体は走行時に電気を帯びた状態になっており、この電気をアルミテープがある事で、効果的に帯電した電気を放出する事ができるのだそうです。

その事により、空力バランスを部分毎に変化させ、操縦などの安定性を向上させる事が出来るという事のようです。

効果

アルミテープを貼る事により、どのぐらいの効果を実感できるものなのでしょうか?

アルミテープの効果は、誰にでも実感できるようです。

そしてその効果は、50㎞/h程度の速度で普通に分かるぐらいと報告されています。

それどころか20~30㎞/h程度でも、敏感な方なら違いが分かる人もいるようです。

また、86以外の車でヴォクシーなどでも採用されており、1BOXなどの車のほうが効果が期待できるというお話もあります。


バックカメラ 埋め込み 車載カメラバックカメラ丸型RC11C ND-BC7 CMOS-210 フロントカメラ自動車用パーツドレスアップサイドカメラフロントビューサイドビューバックモニター激安あす楽 【保証期間6ヶ月】

ただのアルミテープ

今回の新技術で最もすごいのは、開発で使用しているアルミテープが、基本的には市販されているものと材質などが全く同じという事です。

もちろん設置する場所や、形状、大きさなどは、効果を考えて開発されています。

しかし市販品と同じということは、一般人の私たちでも試せるという事ではないでしょうか。

自分でアルミテープをはるだけで、効果を感じることができたら本当にすごいですね。


古藤工業 アルミテープ 50mm×50m

走りの性能

スポンサーリンク

たかがアルミテープと最初はおもいましたが、トヨタの技術はすごいですね。

しかもそれをあの「ハチロク」に採用してくれるのはうれしいです。

最近の技術開発の中心は、安全性や自動運転、燃費など移りつつあります。

もちろん安全性は最優先で取り組むべき、大切な問題だと思います。

そして燃費や自動運転技術も重要です。

その部分を向上させつつ、走りの性能も向上されてくれれば、みんなが好きな自動車が出来上がっていくと思います。

【関連記事】⇒不正の三菱自動車が補償金確定で販売再開!中古車の買い時は今!カタログ値と実燃費

コンパクトカーやハイブリットカーなどの開発が進む中で、昔のような走りを求めたハチロクを始めとする、NSX・スカイライン、RX7(8)などの名車もメーカー問わず開発してほしいですね。

良い車がどんどん開発される事を望みます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近のコメント

    コメントを残す

    *